持続可能な社会の実現に向けた動きが活性化する中、グローバルヘルスに対する企業の関心はこれまで以上に高まっている。そんななか、顧みられない感染症の医薬品開発への投資をはじめグローバルヘルス分野で国際貢献するGHIT Fundの活動は、改めて注目を集めている。GHIT Fundに関わるキーパーソンと団体職員の対談を通じて、その活動の意義を紹介していく。

SCROLL

ABOUT GHIT Fund

MISSION

1.顧みられない患者のためにマラリア/結核/顧みられない熱帯病

2.日本の技術とイノベーションで治療薬/ワクチン/診断薬・開発への投資

3.グローバルヘルスに貢献する製品化の実現/アクセス&デリバリーの向上

⽇本発「GHIT Fund」の使命とは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、感染症の脅威、そして感染症に対する医薬品開発の重要性を改めて人々へ知らしめた。このように地球規模で人々の健康に影響を与え、その解決に国際的な連携が必要とされる課題はグローバルヘルスと呼ばれる。国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)目標3「すべての人に健康と福祉を」の中でも、重要視されているテーマだ。

GHIT Fund(公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金)は、低中所得国で蔓延する感染症向けの医薬品開発への投資(助成)やグローバルな連携の推進、そして日本のグローバルヘルス分野における国際貢献を目指して活動を行う国際的な非営利組織だ。

COVID-19においては迅速なワクチン開発が実現したが、一方で世界中には低中所得国を中心に顧みられない感染症が未だ存在し、それらの医薬品は投資対効果が低いために製品開発がなかなか進まない現状がある。

GHIT Fundの役目は、マラリア、結核、顧みられない熱帯病などの市場性の低い治療薬、ワクチン、診断薬などの新薬開発に対して、グローバルな官民パートナーシップを通じて資金調達を行い、医薬品開発への投資を行うことだ。資金拠出パートナーは政府、製薬会社を含む企業、財団であり、GHIT Fundの第二期(2018年度~2022年度)においては、日本政府、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカム・トラスト、国内外の民間企業から、約200億円の資金調達をしている。

同時に、顧みられない感染症の新薬開発を加速するために、日本と海外の機関による国際的なオープンイノベーションを推進することもGHIT Fundの役目となる。また、製品開発パートナーとの定期的な進捗管理、製品供給戦略の検討なども行う。

このようにGHIT Fundの活動は、日本がグローバルヘルスに貢献する上で大きな役割を担っている。また、あらゆる企業にとって、持続可能な社会の実現と向き合うことが避けられない経営課題となったいま、GHIT Fundを通じてグローバルヘルスに貢献することは企業のステークホルダーに対する信頼へと直結していく。

感染症の医薬品開発と治療までの流れ

顧みられない感染症の医薬品は、需要はあっても投資対効果が低いために、民間企業だけでは作ることができない。
GHIT Fundはパートナーからの資金拠出を受け医薬品の研究・開発に投資を行う。さらに、研究開発から供給までのオープンイノベーションにも取り組み、置き去りにされた感染症の医薬品開発を推進する。

PARTNER

GHIT Fund
パートナー企業一覧

Full Partners

外務省

厚生労働省

国連開発計画(UNDP)

ビル&メリンダ・ゲイツ財団

ウェルカム・トラスト

アステラス製薬株式会社

エーザイ株式会社

塩野義製薬株式会社

第一三共株式会社

武田薬品工業株式会社

中外製薬株式会社

Associate Partners

大塚製薬株式会社

シスメックス株式会社

富士フイルム株式会社

Affiliate Partners

小野薬品工業株式会社

協和キリン株式会社

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

大日本住友製薬株式会社

田辺三菱製薬株式会社

メルク グループ ジャパン

Sponsors

ANAホールディングス株式会社

株式会社セールスフォース・ドットコム

バーソン・コーン&ウルフ

森ビル株式会社

モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所

ヤフー株式会社