Official Columnist

福田 稔

数字で読み解くファッション業界の現在

株式会社ローランド・ベルガー プリンシパル 東京オフィスの消費財・流通チームリーダー。慶大卒、欧州IESE経営大学院MBA。アパレル・化粧品などの消費財、百貨店・専門店などの小売り業をはじめとするライフスタイル領域において、グローバル戦略、デジタル戦略、新規事業戦略など様々なコンサルティングを手掛ける。経済産業省「服づくり4.0」のプロデュースやシタテル株式会社の戦略アドバイザーも務める。

  • なぜ、ラグジュアリービジネスは日本から育ちにくいのか

    先日2017年度のLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの決算が発表された。売上高は、約5兆7550億円で前年比13%増、営業利益は約1兆1200億円で前年比18%増、純利益は約6920億円で前年比28.8%増と、増収増益の好業績となった。特筆すべきは営業利益率で約20%と、10%を超える企業すら少 ...

  • ゾゾは覇権を守れるか? アパレルEC長者に迫る2つの脅威

    今回も前回に引き続きZOZOTOWNを擁するスタートトゥデイを中心に、アパレル業界で今、水面下で競争が激化しているプラットフォーマーの戦いについて取り上げたい。ご存じのとおりZOZOTOWNのビジネスモデルはマーケットプレイス型のプラットフォームビジネスであり、出品しているブランドからZOZOTOW ...

  • ユニクロvsゾゾの見方は正しいか? 「真のゾゾエフェクト」を読む

    2017年11月に発表されたスタートトゥデイのボディースーツは大きな反響を呼んだ。予想以上の注文が入り当初11月末と言われていたデリバリーは大きく遅れている。筆者も発売当日に申し込み、その時点では11月末の出荷と表示されていたが年が明けても未だに届かない。また、当初2017年中に発表されると言われて ...