Forbes JAPAN 編集部

新國 翔大

フォーブス ジャパン編集部 エディター

1991年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、U-NOTE(ユーノート)にてライティング業務に携わる。2015年5月にサムライトに入社。多数のオウンドメディアのコンテンツ制作を行う。2016年7月にBASEに入社。2017年2月よりフリーランスのライター、編集者に転向し、ウェブメディアを中心に複数の媒体で執筆している。Twitter:@n_sh2192

  • ついに黒船上陸──学費無料の仏発エンジニア養成機関「42」東京校が来春オープン

    学費無料、24時間365日オープン、教師なし──。従来の常識を覆した革新的な教育システムによって、就職率100%を実現。2013年にフランスで開校して以降、世界中から注目を集めている民間発のエンジニア養成機関「42(フォーティーツー)」。2016年にシリコンバレー校が設立されたのも記憶に新しいが、こ ...

  • LAで9年のキャリアを積み、いざ日本へ。新進気鋭の15歳モデル・あんなの原動力

    2018年5月。木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,がファッション誌『ELLE JAPON(エル・ジャポン』7月号の表紙を飾り、モデルデビューを果たしたことは記憶に新しい。15歳とは思えぬ凛とした佇まい、力強い視線──彼女が纏うミステリアスな魅力に多くの人が驚いたことだろう。以降、彼女は作曲家として ...

  • 薬機法の改正を追い風に。カケハシが26億円調達で挑む、しなやかな医療体験の創造

    全国に6万店ある薬局。今まではただ薬を受け取るだけだった場所にテクノロジーを導入することで、患者が薬剤師に悩みを相談したり、薬剤師が患者にアドバイスしたりできる「かかりつけ薬局」にする──こんな世界の実現を目指し、クラウド型電子薬歴システム「Musubi」を提供しているスタートアップが、カケハシだ。 ...

  • 結婚、出産を経て、独立。フリーアナウンサー吉田明世の「覚悟と責任」

    2011年、TBSに入社。『サンデージャポン』『朝ズバッ!』『ビビット』など数多くの番組に出演し、人気アナウンサーとしての地位を築いた吉田明世。そんな彼女が2019年1月、TBSからの退職を発表した。2018年5月に第1子女児を出産。それから、わずか8カ月の出来事だった。現在、吉田はアミューズに所属 ...

  • キャッシュレス推進のいま、改めて「お金」の未来を考える。heyがアートイベントに込めた思い

    「お金」から手ざわりがなくなった──。金融資本主義や市場は制御不能となった。日々、新たな金融サービスがローンチされている。では、変化が激しい時代にその行く末を託すべきは誰だろう? それは企業や行政、アカデミアではない。そう、いつの時代も「炭鉱のカナリア」としてあり続けてきたクリエイターではないだろう ...

  • 起業家の新たな挑戦。Blabo創業者が新会社設立、「テクノロジーの力を、大手メーカーへ」

    ここ数年で、シリアルアントレプレナー(連続起業家)の“次なる挑戦”が目立つようになってきている。代表的な例を挙げれば、元メルペイ取締役CPOの松本龍祐が立ち上げたカンカク、グノシー創業者の福島良典が立ち上げたLayerX(レイヤーエックス)、ペロリ創業者の中川綾太郎が立ち上げ ...

  • なぜ金沢21世紀美術館は「学芸員の名前」を前面に出すのか?

    トラベルオーディオガイド「ON THE TRIP」創業者の成瀬勇輝が、お寺や神社、美術館などで第一線に活躍するキーパーソンを訪ねてそのビジネスモデルを探求するシリーズ。第五弾は、金沢21世紀美術館の副館長・黒澤伸とと、同館の5年ぶりのオーディオガイドの導入を企画したキュレーターの高橋洋介だ。2004 ...

  • 長友佑都が語った、スポーツビジネスの展望 「アスリートは競技への考え方を発信していくべき」

    ラグビー日本代表が初のベスト8入り、バレーボール男子日本代表がW杯で4位を確定──いま、日本中が“スポーツ”に熱狂している。2020年は東京五輪が開催されることから、この盛り上がりがさらに加速していくことは間違いない。政府も“スポーツ”には大きく注目し ...

  • スラックのDAUが1200万人を突破 週のアクション総数は50億件超に

    ビジネスコミュニケーションツール「スラック(Slack)」の快進撃が続いている。10月15日、Slackが最新の日間アクティブユーザー数を発表した。この発表内容によれば、2019年9月時点で日間アクティブユーザー(DAU)が1200万人を突破。前年比で37%の増加を達成したという。また、有料プランの ...

  • 2週間で数万人が応募。南極科学者がエアビーと組んで実現したいこと

    サバティカル休暇を使って、南極へ──耳を疑ってしまうような前代未聞のプロジェクトが先日、民泊仲介の大手エアビーアンドビー(以下、エアビー)から発表された。それが、海洋保護に取り組むNGOオーシャン・コンサーバンシーと共催する「南極研究の旅」だ。エアビーは今年に入って、有給休暇を活用し、人々や社会に恩 ...

  • 46億円の大型調達。医師と事業家のタッグで挑む「がん見逃しゼロ」の世界

    オリンパス、富士フイルム、ペンタックス──この3社で世界シェアの7割以上を占めているのが、胃や大腸の検査や治療に使われる内視鏡だ。日本が世界をリードしている先進の医療分野ではあるが、課題も存在する。実際、内視鏡検査の現場は「病変見落としが医師によっては2割以上」「大量の2重チェック負担で専門医が疲弊 ...

  • メルカリ、オリジナル梱包資材を全国のセブンで販売開始

    フリマアプリ「メルカリ」を提供するメルカリは10月3日、全国のセブン‐イレブン(一部店舗を除く)でオリジナル梱包資材の販売をスタートすることを発表した。メルカリによれば、出品未経験者600人を対象に実施したアンケート調査の結果、出品未経験が「出品しない理由」として最も多く挙げたのが、「梱包・発送作業 ...

  • テスト自動化プラットフォームの「Autify」が正式ローンチ、250万米ドルの資金調達も

    「いまの時代、開発してからテストでは遅い。要件定義をした段階でテストをスタートしないといけない。Autifyを通じて、最終的にテストフェーズをなくしたい」こう語るのが、サンフランシスコを拠点にAIを用いたソフトウェアのテスト自動化プラットフォーム「Autify」を手がけるオーティファイの近澤良だ。同 ...

  • AKB48グループ卒業から3年半。梅田彩佳が歩む、アイドルを辞めた後の「第二の人生」

    2006年、第二期AKB48追加メンバーオーディションに合格。チームKの中心メンバーとして活躍した、うめちゃんこと梅田彩佳。AKB48では、秋元才加、宮澤佐江、増田有華の4人でユニット「DiVA」を結成したり、チームBに異動した後はキャプテンを務めたりした。また、「AKB48グループ大組閣祭り」のチ ...

  • 最短3日で内覧から契約まで。外国人労働者の入居問題を解決を目指す、起業家の挑戦

    年々、増え続けている在留外国人。法務省の発表によれば、平成30年末の在留外国人数は273万1093人と過去最高の数字を記録したという。来年に開催が予定されている東京五輪の影響もあり、さらに在留外国人数は増えることが予想されている。そうした中、近年問題となっているのが「在留外国人の入居お断り」だ。法務 ...

  • 3兆円以上を投資。アメリカン航空が注力する「特別な顧客体験」の実力

    「私たちは過去6年にわたり多額の投資を行ってきました。機内サービス、ラウンジやグランドサービスなどに、歴史上、どの民間の航空会社よりも多く投資しています。新しい機体は、現在、米国路線の機体の中では最新で燃費が高く、もちろん我々スタッフはレベルの高いトレーニングと優れたツールで卓越したサービスを提供し ...

  • 競合サービス同士が手を組んで、資金調達プロジェクトを始めるワケ

    ネットショップ作成サービスを展開するBASEとストアーズ・ドット・ジェーピー。この2社が手を組み、共同で資金調達プロジェクトを開始するという──。「BASE」を手がけるBASE、「STORES.jp」を手がけるストアーズ・ドット・ジェーピーの2社は9月24日、「自由に好きなモノをつくって、販売したい ...

  • プログラミング知識不要でSaaSを連携。iPaaSプラットフォーム「Anyflow」が資金調達

    拡大の一途をたどる「SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)」市場。スマートキャンプが発表した「SaaS業界レポート2018」によれば、国内の市場規模は3871億円(2017年度)から、今後5年間で165%成長の6412億円規模に拡大する見通しだという。実際、ここ数年で私たちの仕事の進め方も大き ...

  • MBOを実行し、再び独立──創業4年目のスタートアップが下した、決断の舞台裏

    「2019年、2020年にかけて広告業界が劇的に変化し、たくさんのゲームチェンジャーが出てくる。そうした環境を迎えるにあたって、もう少し攻めた経営をしていかないといけない。であれば、再びオーナーシップを取り戻して経営した方がスピーディーに意思決定していけるのではないか。両社で話し合った結果、この決断 ...

  • 「LabTech」で日本を変える。東大発スタートアップが10億円調達した狙い

    研究内容をもとに優秀な理系学生をスカウトできる新卒採用サービス「LabBase」、産学連携を加速する研究者データベース「LabBase X」を提供するなど、研究関連市場をテクノロジーで革新しようとする“ラボテックベンチャー”のPOL。同社は9月17日、Spiral Ventu ...