CONTRIBUTOR

Tanya Mohn

I write about travel and road safety.

I’ve worked as a journalist in new media, print, television news and documentary film, and have written and reported extensively about travel and road safety, as well as job trends, small business, personal spending, education, human interest topics, environmental and social issues, and the arts. I’ve contributed to many publications and news organizations, including The New York Times, the International Herald Tribune, NBCNews.com, BBC.com, AOL, ABC News, PBS, HBO and CNBC. For Forbes.com I write about transportation and consumer travel issues. I live in the Metro New York area. Join me on Twitter @tanya_mohn.

  • 子供の人身売買と性奴隷の撲滅へ、マリオット・ホテルなど対策強化

    人身売買は、多くの人たちが考えるよりも広くまん延している問題だ。国連の国際労働機関(ILO)によると、被害者は世界全体でおよそ2100万人に上り、その多くが「現代の奴隷」にされている。人身売買の被害者らが都市から都市、国から国へと移動させられる際には旅客機、電車、バスといった交通機関が使われることか ...

  • 車載インフォテインメント、カーナビ設定は「危険な操作」にも

    運転中のドライバーが使用するボイスコントロールシステムやタッチスクリーンといったインタラクティブな車載インフォテインメントシステムの機能は、場合によっては危険なほどドライバーの注意を散漫にさせているという。非営利団体の米自動車協会(AAA)交通安全基金は10月5日、自動車に搭載されている最新のテクノ ...

  • 鎮痛剤乱用がまん延の米国、関連疑う交通事故死は20年で7倍に

    オピオイド系鎮痛剤などの処方薬の影響下で車を運転し、事故死したと見られるドライバーの数が過去20年間で7倍に増えていたことが分かった。米コロンビア大学メールマン公衆衛生学部が7月下旬に発表した報告書によれば、こうしたドライバーのうちオピオイド系の処方薬を服用していた人の割合は、1995年の1%から、 ...

  • 嗜好用大麻を合法化の米3州、自動車の衝突事故が増加

    嗜好(しこう)用大麻が合法化された米国の3つの州で、合法化に伴い自動車の衝突事故が増加していると見られることが確認された。米国道路安全保険協会(IIHS)の関連団体、ハイウェイ・ロス・データ・インステイテュート(HLDI)が6月下旬に発表した報告書によると、コロラド、オレゴン、ワシントンの3州では衝 ...

  • 米のドライバー死亡事故、最多は「サブコンパクトカー」

    米国の道路を走る際に最も危険な車種は従来から指摘されてきたとおり、やはり「小型車」であることが改めて確認された。米国道路安全保険協会(IIHS)が今年5月下旬に発表した報告書によると、運転中のドライバーが死亡する事故が最も多く発生しているモデルは、韓国ヒュンダイの「アクセント」、キアの「リオ」といっ ...

  • 旅の影響は「予想以上」、生涯の友に出会う人も

    ホステルを利用する米国人たちは旅行中、異なる文化とどのように触れ合い、旅先からどのような影響を受けているのだろうか──。米ホステルワールド・グループ(Hostelworld Group)は4月24日、こうした点を明らかにするために実施したアンケート調査の結果を発表した。170を超える国の約3万300 ...

  • 名作のロケ地を満載の「聖地巡礼」ガイド、ロンリープラネットが発売へ

    少々“文化的な”刺激を求める旅の計画に役立つものを探している人たちにとっては、朗報だ。旅行ガイドのロンリープラネットが4月下旬、世界各地にある映画やテレビ番組の撮影地を巡るためのガイドブックと、ストリートアートのホットスポットを紹介するガイドの2冊を出版する。「フィルム&am ...

  • 完全自動運転車に「不安感」、米ドライバーの8割近くが回答

    完全自動運転車が道路を走る将来に対する米国人の心境を表現するのに最適の言葉は、心理学でいうところの「接近・回避葛藤」かもしれない。一つの物事に対し、プラスとマイナスの両方の気持ちを持っているということだ。全米自動車協会(AAA)が実施、3月上旬に公開した調査結果によると、車を運転する米国人の78%が ...

  • アメリカの交通事故死者数が増加傾向、「私たちの油断が、私たちを殺している」

    アメリカで2016年1月~6月に自動車事故で死亡した人の数は、2015年の同時期に比べて9%、2014年の同時期に比べて18%増加した。しかもこの勢いは弱まる気配がない。このペースで増え続ければ、2016年は2007年以降で最も自動車事故による死者の多い年になる可能性がある。レイバー・デー(9月の第 ...

  • 「自動ブレーキ」性能に大きなばらつき、全米自動車協会が警告

    普及が進む「自動緊急ブレーキシステム」の設計や性能には、非常に大きなばらつきがあることが確認された。全米自動車協会(AAA)によると、自動車に搭載されている「衝突回避」と「衝突被害軽減」の装置はそれぞれ、走行中に作動させたときの機能に大きな違いがある。このためAAAは、消費者はその違いを十分に理解す ...

  • 米で運転中にキレる人が急増、7割近くが「3年前より危険」と回答

    米国では車を運転する人たちの約80%が過去一年間に少なくとも一度、運転中に激しい怒りや敵意、突然キレて暴力的な行動に出る「ロードレイジ」を経験していることが分かった。車を運転する2,705人を対象に実施した「運転中の攻撃的な行動」に関するインターネット調査の結果によると、回答者の3分の2が、攻撃的な ...

  • 米小型SUV衝突試験、多くは助手席側に問題 トヨタRAV4が最低評価

    運転席側の高い安全性が確保されている自動車でも、助手席側の安全性は低い場合があることが改めて確認された。非営利団体の米道路安全保険協会(IIHS)が実施した衝突試験の結果、対象とした小型SUVの一部は、正面衝突した場合に助手席側(前方右側)が右手からの衝撃に特に弱いことが分かった。IIHSは先ごろ、 ...

  • 大麻の合法化以降、ワシントン州で自動車事故が急増 因果関係は

    ワシントン州では大麻が合法化されて以降、大麻使用歴のあるドライバーが関連している自動車の重大な衝突事故が倍増している。だがドライバーによる大麻使用量の上限は“任意”とされており、事故との関連について科学的裏付けはない。これは5月に、非営利の調査・教育団体AAA(アメリカ自動車 ...

  • ミレニアル世代が起こす「旅行革命」、世界中でホステル人気が上昇

    ミレニアル世代の旅行者は、その他の世代よりも予算が限られた旅をする人たちかもしれない。だが、可処分所得に占める旅費の割合は、この世代のホステル利用者が最も多いことが分かった。旅行期間も長期になる傾向があるという。先ごろ公表された報告書「グローバル・ホステル・マーケットプレイス2014-2018」によ ...

  • 米自動車協会が警告、転倒した高齢者と衝突事故の危険な関係

    転倒したことがある高齢者はそうでない人たちに比べ、車の運転中に事故を起こす可能性が40%高いことが分かった。頻繁に転ぶ人は、車を運動する機能が低下しているということだ。非営利団体の米自動車協会(AAA)が新たに公表した報告書によると、転倒した高齢者が自分や他人に危険を及ぼすことが明確にされたことの影 ...