CONTRIBUTOR

Bobby Owsinski

I write about the latest news in the new music business.

After working many years in the music business as a producer, engineer and musician, I decided that writing about it is just as much fun and the hours are more regular. I’m now the author of 24 books on recording, music, the music business and social media that are staples in college and university programs around the world (including the best selling “Music 4.0: A Survival Guide For Making Music In The Internet Age),” as well as hundreds of articles in a variety of industry magazines and blogs, and even the occasional television appearance (CNN, ABC News’ “20/20”). When not writing or in the studio, I also keep a busy schedule of keynote addresses, master classes and workshops at various schools and conferences. I also post daily on my popular Big Picture music production blog and Music 3.0 music industry blog. Find out more at bobbyowsinski.com.

  • ユーチューブがインスタに反撃、月額490円の会員制と物販開始

    フェイスブック傘下のインスタグラムは6月20日、最長60分までの縦型動画を投稿できるアプリ「IGTV」を発表した。その翌日、ユーチューブはインスタグラムの反撃に出るアナウンスを行なった。IGTVの今後の課題となりそうなのは、クリエイター側のマネタイズ手段が明確でないことだ。IGTVでは現状で広告配信 ...

  • 「奇妙な上場」に踏み切るスポティファイ経営陣の本当の狙い

    スポティファイは、4月3日に直接上場(ダイレクト・リスティング)により米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する。同社が新株を発行せずに、既存の株式を上場させる直接上場を選んだ理由の一つとして、引受け証券会社を選ぶ必要がないため、多額の手数料を節約できるメリットが考えられる。今回のケースでさらに ...

  • アルバムの時代の終焉、アップルも「LPサービス」を停止へ

    多くのアーティストにとって、アルバムはその時々の創作活動の集大成と言えるものだ。アルバムには、アーティストの主張や心理状態のみならず、彼らを取り巻く社会状況や生活環境が反映されている。そのため、アーティストが発表する音源の中で最も重要な存在であると考えられてきた。しかし、そのような位置付けは過去の話 ...

  • 音楽業界に到来する7大変化「中堅アーティスト」は消滅へ

    音楽業界はこれからどこへ向かうのか? 2018年、業界に影響を与える可能性のある大小さまざまな7つの変化を予測する。1. スポティファイがついに上場スポティファイが投資家たちとの長年の約束を果たす時がやってきた。スポティファイ社は年内に上場し、新たなチャレンジに直面する。投資家からは贅沢なオフィスを ...

  • スポティファイとテンセントが生む「世界最強の音楽配信連合」

    先日、スポティファイと中国のテンセント傘下の音楽配信企業「テンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループ(TME)」が、相互の10%の株式交換に向けて交渉中と報じられた。両社は2018年に新規株式公開を予定しているという。テンセントの時価総額は現在、5000億ドル(約56兆円)を突破してい ...

  • スポティファイがHuluと提携 「学割プラン」でアップルに完勝

    音楽ストリーミングサービス、スポティファイの有料会員数は7月末時点で世界6000万人を突破し、6500万人に迫る勢いだ。競合のアップルミュージックの会員数は6月時点で2700万人とされており、スポティファイはその2倍以上となっている。ここまでの差が開いた要因にはスポティファイがこの市場の先行者だった ...

  • フェイスブックの「太っ腹」に期待の音楽業界 数億ドルの増収へ

    フェイスブックは大手レコードレーベルや音楽出版社に対し、ユーザーらが楽曲や音楽ビデオを合法的にシェアできるよう、数億ドル規模のアドバンスの支払いを提案している。9月6日、ブルームバーグが報道した。フェイスブックは2015年から動画分野に乗り出し、驚くべき速度でユーチューブとの差を縮めているが、今回の ...

  • スポティファイが「直接上場」という奇策を選択する理由

    スポティファイは8月24日、上場前の最後の難題だったワーナーミュージックとの契約更改を無事完了した。残された課題は米SEC(証券取引委員会)に対し、「直接上場(direct listing)」という手法が正しい選択であることを説得するのみだ。スポティファイは、年内のニューヨーク証券取引所への上場を目 ...

  • ストリーミングで大苦戦の「パンドラ」 衛星ラジオ局が吸収へ

    ストリーミングサービスのパンドラの苦戦は今に始まったことではない。ユーザー数が減り続け、赤字が膨らみ、十分な売上を確保できていない。6月8日に報じられたところによると、パンドラは衛星ラジオ局Sirius XMによる買収提案に合意せず、翌9日に4億8000万ドル(約528億円)の出資を受け入れると発表 ...

  • 誰もが誤解している「MP3は死んだ」報道の真相

    最近「MP3は死んだ」という記事が散見されるが、そのほとんどが間違っている。MP3というフォーマットは人々の生活に根づいており、そう簡単になくなるはずがないのだ。MP3はAIFFやWAVなどサイズの大きい音声ファイルを圧縮するための技術だ。車のタイヤは空気を抜くと小さくなり形状は変わるが、タイヤであ ...

  • ユニバーサルミュージックが身売り説 中国テンセントが候補

    ユニバーサルミュージックの親会社のヴィヴェンディ(Vivendi)は4月25日、ユニバーサルの企業価値が220億ドルであるとのアナウンスを行った。ヴィヴェンディがこのアナウンスを行った意図は不明だが、関係者からは様々な憶測が飛び交っている。ユニバーサルの株式の全部もしくは一部を売却する、もしくはIP ...

  • 実は赤字だったアマゾンミュージック 狙いはハード販売の強化説

    大手レーベルはストリーミングサービスの事業者らに月額利用料を9ドル99セントにするよう求めてきた。そんな中、アマゾンミュージックの月額利用料がプライム会員の場合、7ドル99セントと発表されたことは衝撃的だ。しかし、音楽情報サイトMusic Business Worldwideによると、これはレーベル ...

  • ヒットの秘訣は「女性の支持」 アデルのファン、6割は子持ち女性

    アデル、テイラー・スウィフト、エド・シーラン、サム・スミスの共通点は何か? 複数の市場調査結果をもとにしたウォール・ストリート・ジャーナルの記事によると、それはアルバム購入層の大半が女性であることだ。音楽ファンの行動分析結果は、他の業種でもマーケティングの参考になるだろう。たとえばアデルの場合。彼女 ...