CONTRIBUTOR

Vanessa McGrady

I cover the art of family finance and becoming a more savvy consumer.

I’m a wild-minded creative and an eco-minded pragmatist, the combination of which has sharply honed my consumer superpowers. I also spend a lot of time practicing the art of prosperity—the psycho-spiritual work on breaking mental barriers that keep people from earning and saving money. In addition to writing about money, I cover parenting, adoption, relationships, style, wisdom from maturity and food/travel – you can read more on my blog, www.vanessamcgrady.com/swerve. I’ve witnessed the underbelly of the corporate world during my careers in the energy and health-care sectors, and have sat in more than my share of cubicles. I’m an award-winning freelance journalist who has written for the New York Times, Jezebel, the Seattle Times and other fine media outlets. I have a BA from New York University. As a single mom to a magical little girl, my main goal is to leave the world better than I found it.

  • 男性が避けるべき「お金と女性」にまつわる冗談 笑顔の裏の本心とは

    誰でも顔を知っているような著名人が数多く集まるイベントで、筆者はある思慮に富んだ賢明な男性2人がスピーチの中で、妻の買い物について冗談を言うのを聞いた。何人かは反射的に笑うが、もう聞きたくもない使い古された冗談だ。彼らの発言は、聞きようによっては違う意味にも受け取れる──「私は金持ちだ。妻が思うがま ...

  • 自宅勤務の方が生産性が高まる? 実現するために必要なこと

    コンテンツ・マーケティングの代理店でライターをしているキャサリン・コンランは、これまでルイジアナ州バトンルージュにあるオフィスでかなりの時間を過ごしてきた。だが最近では、ミネソタ州の自宅で仕事をしている。コンランのような働き方は、アメリカの労働者、そして一部の企業からも圧倒的支持を獲得しつつある。求 ...

  • 増える個人情報窃盗、被害は金銭以外にも 米報告書

    米国の個人情報窃盗防止研究センター(Identity Theft Resource Center、ITRC)が先ごろ発表した年次報告書によると、個人情報の窃盗被害に遭った人が被る被害は、雇用や住居、教育の機会にまで及んでいることが分かった。報告書によると、「多くの被害者たちは自分たちにとって大切なこ ...

  • 「学校で習わなかった」 Z世代とミレニアル世代は経済的自立に苦労

    アメリカの20代と30代は、経済的自立に苦労しているようだ。バンク・オブ・アメリカとUSAトゥデイ紙が実施した新たな調査では、22歳から26歳の回答者のうち、自分で家賃を支払っているのは47%、医療保険の支払いをしているのは41%、退職金の積立金を支払っているのは27%と、いずれも半数に満たなかった ...

  • 自動ロック付き「スマートバッグ」で衝動買いはなくせるか?

    これまでずっと、悪習を変えるには、それを変えたいという本人の強い意志以外に方法はないと考えられてきた。しかし、資産管理サイトのファインダー・ドットコム(Finder.com)が、その考えを覆すような突拍子もないアイデアを考案した。それが、現金やクレジットカードへのアクセスを遮断する財布、アイバッグ( ...

  • 母乳育児ママの、おしゃれ授乳服ビジネス成功の秘訣

    2010年、シカゴで美術修復士として働いていたアンドレア・ニューベリー(35)は業界の落ち込みにより仕事を見つけることが難しくなってしまった。ちょうどその時、第1子が妊娠5ヶ月目に入っていたこともあり、専業主婦になることを選んだ。産後鬱の体に鞭を打ち、お昼寝をさせて、オムツを替えて、赤ちゃんマグで飲 ...