CONTRIBUTOR

Tim Worstall

I have opinions about economics, finance and public policy.

I'm a Fellow at the Adam Smith Institute in London, a writer here and there on this and that and strangely, one of the global experts on the metal scandium, one of the rare earths. An odd thing to be but someone does have to be such and in this flavour of our universe I am. I have written for The Times, Daily Telegraph, Express, Independent, City AM, Wall Street Journal, Philadelphia Inquirer and online for the ASI, IEA, Social Affairs Unit, Spectator, The Guardian, The Register and Techcentralstation. I've also ghosted pieces for several UK politicians in many of the UK papers, including the Daily Sport.

  • IMF報告書に騙されてはならない? 「EU離脱で英景気後退」はあくまで可能性

    国際通貨基金(IMF)は先ごろ、英国が欧州連合(EU)を離脱すれば同国経済はリセッション(景気後退)に陥る危険があるとの見解を示した。だが、その内容はそれほど興味深いものとはいえない。どの国の経済にも常に、リセッションの可能性はある。さらに、IMFが「ブレグジット(英国のEU脱離)」が及ぼす影響につ ...

  • 日本は不景気なんかではない:GDP1%増に上方修正

    ここに、経済に精通している人たちへの面白い教訓がある。あなた(もしくは我々)が金融または財政政策の愛好者か、あるいは政府や政治家、中央銀行からの介入は不可欠だと考えているか、いずれの場合にも適用されるのだが、どのような形であれ経済を詳細に把握するだけの情報など、我々は持ちえていない、というものだ。こ ...

  • ウォルマートは脅迫している訳ではなく、人々に経済の基本を説明しているだけ

    経済学の基本として、私達が人々に理解してもらおうとしているのは、ある物の価格を上げると、人々が買う量が減るということだ。価格が上がるほど買われる劣等財であるギッフェン財のような例外はあるものの、人間の労働はギッフェン財ではないので、これは、当てはまらない。そして、これは、最低賃金を議論する際に重要で ...

  • ファイザーのアラガン買収:節税目的の本社移転を引き起こす法人税は変更すべき

    政治経済学の合理的な一般ルールは、望まない結果を生むルールがあるなら、そのルールを見直してみるのがいいかもしれないというものだ。望む結果を得るためには、変更が必要かもしれない。これは、最近のファイザーによるアラガン買収に見られた節税目的の本社移転にも当てはまる。本社が移転すると、企業はIRSの手の届 ...

  • TPPにおいて労働基準は最も重要視されていない

    ニューヨークタイムズはよくよく、 経済問題を誤った視点から取り上げている。同紙では、世界の貧困国で労働者の状況がどうなっているかを議論しようとして、TPP(太平洋経済連携協定)に規定された労働基準に言及しているのである。そして、本問題に関しては、全く的外れの議論をしている。TPPは貿易に関する協定な ...