Jenny Splitter

I cover the intersections of technology, farming and food.

I’m a food, science and health writer whose work has appeared in The Washington Post, New York Magazine, Slate, Mental Floss, SELF and the Breakthrough Journal. Since 2015, I’ve been fascinated by the intersection of technology and food, from cutting edge cattle feedlots to new formats like cellular agriculture and lab meat. I especially enjoy writing about genetically engineered crops, food and agriculture policy, and sustainability in agricultural and food technologies. I grew up in Northern California, not too far from the farms of the Salinas Valley “Salad Bowl,” and now live in Washington, D.C. with my husband and two kids. You can find me on Twitter at @jennysplitter.

  • 代替肉ビヨンド・ミートにもコロナの影 投資判断は一転「売り」に

    植物由来の代替肉メーカー、米ビヨンド・ミートについて、英銀バークレイズは投資判断を「オーバーウェイト(買い)」から「アンダーウェイト(売り)」に2段階引き下げた。新型コロナウイルスで打撃を受けている外食産業が主要な販路になっていることを懸念した。投資情報誌のバロンズによると、投資判断が一気に2段階変 ...

  • パンデミックは、若い親世代の食生活をどう変えたのか

    新型コロナウイルスのパンデミックによって、子どもを持つ人たちの食事に対する考え方が変わったことが、新たな調査研究で示された。その変化は必ずしも良い方向へ向かっているわけではない。非営利組織「国際食品情報会議財団(International Food Information Council)」によるこ ...

  • グラブハブが提供する「無料の宣伝機会」、その落とし穴とは

    フードデリバリー企業「グラブハブ(Grubhub)」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で苦境にあるレストラン経営者に対する新たな施策を発表した。同社のマーケティング・プラットフォーム上で、「無料のエクスポージャー(ユーザーの目に触れる機会)」を提供するというものだ。だが、無条件と ...

  • 価格低下を目指す植物由来食品ブランド 大手食品企業との提携も

    植物由来食品の価格が今後下がりそうだ。植物由来の代替肉を販売する米企業インポッシブル・フーズは先日、価格を15%下げることを発表した。また同じく米企業のイート・ジャスト(Eat JUST)では、4.99ドル(約540円)の植物由来の卵代替商品がホールフーズの棚に並ぶことになっている。植物由来食品の分 ...

  • 植物由来の代替卵「ジャストエッグ」の冷凍食品 4月に新発売へ

    植物性材料のみで作ったマヨネーズやランチドレッシングを販売するイート・ジャスト(Eat JUST)は1月、同社の代替卵商品「ジャストエッグ(JUST Egg)」の新たなバージョンを発売すると発表した。事前調理され、折り曲げられた完全植物性の“スクランブルエッグ”が4パックつい ...

  • グラブハブの救済策に批判も、米飲食業界がおかれる苦しい状況

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、アメリカの多くの州や都市では飲食店が閉鎖され、レストラン経営者は店をつぶすまいと苦慮している。そんななか、フードデリバリー企業「グラブハブ(Grubhub)」は2020年3月13日、レストラン経営者に向けた1億ドル規模の救済措置を発表した。ところ ...

  • 世界の食料需要に応える9つの価値あるテクノロジー

    世界の人口は2050年までに、98億人に達する──きっとあなたも、この予測について聞いたことがあるだろう。資源がますます限られたものになりつつあるこの地球で、十分な食料を提供しようとするにはかなりの人数だ。どうすれば地球を破壊することなく、これだけの人口を支えるだけの食料を生産することができるだろう ...

  • 「培養肉」の名称は問題? 消費者の混乱を招くのか

    培養肉の販売を検討している企業に「警告」が発せられた。研究室の中で細胞組織からつくる新種のタンパク質は、「GMO(遺伝子組み換え作物)」と同じ運命をたどることになるのかもしれない。オープンアクセス・ジャーナル「フロンティアズ・イン・ニュートリション(Frontiers in Nutrition)」に ...

  • 「規格外」野菜とフードロス 正しいこと、そうでないこと

    食品廃棄との闘いは大きなビジネスになっている。食品廃棄問題に取り組むスタートアップに対する投資は昨年、1億2500万ドル(約140億円)に上った。その一つが、色や大きさ、形などの見た目が大規模食料品店の規格に合わず販売できない農産物を扱う分野だ。こうした規格外農産物を巡る議論によって、食品廃棄ビジネ ...