Carlton Reid

I am Press Gazette's Transport Journalist of the Year, 2018

Follow me on Twitter @carltonreid

  • 自動車を使わない国際イベント「カーフリーデー」が今年も開催

    毎年9月22日には「カーフリーデー(Car Free Day)」が世界各地で開催され、マイカーの利用を控え、道路を歩行者や自転車に開放するイベントが実施される。この取り組みに最も熱心な都市であるロンドンでは、大規模な催しが予定されている。テムズ川に架かるタワーブリッジでは、早朝にヨガのセッションが開 ...

  • SUV車による「歩行者死亡事故」率は一般車の2倍、英調査

    米国の州知事高速道路安全協会(GHSA)は今年2月、2018年の交通事故による歩行者の死者数が過去28年で最悪になったと報告し、背景には大型のSUV(スポーツ用多目的車)の人気があると指摘した。英国の運輸当局が先日発表したデータでも、類似した傾向が確認された。イギリス運輸省(DfT)でポリシー担当を ...

  • スペイン首都中心部で「自動車の排除」継続、商店売上も上昇

    6月にスペインの首都マドリード新市長に就任したマルティネス・アルメイダは、前市長が定めた市の中心部への自動車乗り入れ禁止措置を撤回するつもりだった。しかし、アルメイダ新市長の試みは、裁判所によって差し止められた。アルメイダ新市長は、前市長が環境対策として導入した市中心部への従来車(ハイブリッド車や電 ...

  • 自転車好きの大半は「高収入」の白人、英ロンドンの調査

    ロンドン交通局(TfL)の調査データで、2018年は、人々が自転車で走行する距離の伸びが過去最大を記録したことが判明した。人々が自転車で移動する距離は前年から5%上昇した。ロンドンの人々が自転車で走行する距離の合計値の平均は、1日400万キロメートル以上に達している。ロンドンの「ウォーキング及びサイ ...

  • アマゾンらが600億円注ぐ、英フードデリバリー「Deliveroo」の強み

    ロンドンに本拠を置くフードデリバリー企業「Deliveroo」がアマゾンの主導で5億7500万ドル(630億円)のシリーズG資金調達を実施したと宣言した。今回の出資には既存出資元のT Rowe Priceやフィデリティ、Greenoaksらも参加した。2013年創業のDeliverooはこれまで15 ...

  • 「自転車版テスラ」として注目のオランダ企業VanMoofの実力

    「自転車版テスラ」と呼ばれるオランダ・アムステルダムの自転車ブランド「VanMoof(バンムーフ)」が、同社のフラッグシップモデルS2及びX2の売上が1万1000台を突破したと発表した。声明によると、VanMoofは公式サイト及び欧州や米国、アジアで展開中の店舗から3000万ユーロ(約38億円)の売 ...

  • 「電動自転車通勤」で給料アップ制度、英国企業が導入

    英国のロンドンで初めて、電動アシスト自転車で通勤する社員に割増賃金を支払う企業が現れた。ロンドン郊外の自転車メーカー「Gocycle」は、電動自転車で通勤する社員に、1マイル(約1.6キロ)あたり40ペンス(約58円)のボーナスを支払う。電動ではない従来の自転車で通勤する社員も、1マイルあたり20ペ ...

  • ロンドン都心に「ガソリン車制限」エリア、EV利用を促進

    イギリスのロンドンの中心部では、4月9日から超低排出ゾーン(ULEZ、ユーレズ)という制限エリアが設けられ、排ガス量の多い車両は渋滞税と併せて追加料金の支払いを求められる。ロンドン交通局はこの制度の導入により、都心部の大気汚染や渋滞を軽減しようとしている。ULEZは「ウルトラ・ロー・エミッション・ゾ ...

  • ベルギーが自転車の購入税率を15%引き下げへ、環境保護推進

    ベルギー議会は先日、自転車(電動式を含む)の販売にかかる付加価値税(VAT)を、21%から6%に引き下げる決議を通過させた。欧州委員会の承認を得られた場合、新たな税率は4月1日から適用されることになる。ベルギーのLaurent Devin議員は、以前から環境保護政策を推進してきた。社会党系議員のDe ...

  • 自転車をデータドリブンに進化させるスタートアップ、Hammerheadの野望

    自転車専用のコンピューター「Karoo」の製造元のHammerheadが、410万ドルの資金調達を実施した。Karooは自転車のハンドル部分に取り付けるGPS内蔵のデバイスで、自転車ファンの間ではガーミンの競合製品として知られている。現在35名の社員を抱えるHammerheadは調達資金でスタッフを ...

  • スペイン通信大手「eスポーツ版自転車レース」の開催を宣言

    世界中の自転車愛好家たちが仮想空間で、自転車レースに参加できるプラットフォームとして知られるのがZwift(ズイフト)だ。Zwiftは、eスポーツ分野での事業拡大に向けて、昨年12月に1億2000万ドル(約134億2800万円)を調達していた。同社はプロの自転車チームが参加する世界初のeスポーツ競技 ...

  • オランダ発の自転車サブクスリプションSwap、アジア進出も計画中

    月額で最低15ユーロ(約1740円)を支払えば、自分の自転車が持てるサブスクリプション型のサービスが「Swap」だ。オランダの古都、デルフトで2014年に創業した同社の正式名称は「Swap-fiets」だ。fietsはオランダ語で自転車を意味し、同社は国際的にはSwapの名称でマーケティングを行って ...

  • 電動自転車は健康的で「ズル」ではない 新たな調査で確認

    自転車でのサイクリングは健康にいいが、それがたとえ電動アシストの自転車「イーバイク」であっても、歩くよりも運動になる。これは、行動栄養学と身体的運動の国際ジャーナル(International Journal of Behavioural Nutrition and Physical Activit ...

  • 「本当のeスポーツ」実現へ、自転車レースのZwiftが134億円を調達

    複数のサイクリストがレース形式で同時にトレーニングを行うことができるプラットフォーム、「Zwift」を提供する米ズイフトはこのほど、シリーズBラウンドで1億2000万ドル(約134億2800万円)を調達したことを明らかにした。新たに調達する資金は主に、eスポーツとしてのレースの規模拡大に充てる計画。 ...

  • 徒歩や自転車の増加で地域活性、ロンドンの街づくりで成果

    ロンドン交通局の新たな調査によると、自動車で移動する人よりも、徒歩や自転車、公共交通機関を利用する人のほうが、地元の店でお金を多く使うという。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのバートレット建築都市計画大学院のマシュー・カルモナ教授が実施した調査から、車を使わない人たちは、車を使う人と比べて、自宅近 ...