Contributor

Shelcy V. Joseph

I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.

I am what you could call a multipotentialite—someone with different passions and interests. I like to stretch my abilities and dabble in many different things, but at the core of everything I do is a desire to motivate and connect with people. I am the founder of millennial career website A Millennial's Guide to Life and event series NYCxClothes & Friends. I love telling stories that move and inspire people to explore their full potential and live their best life. When I'm not typing away behind a computer screen or hosting gatherings, I'm most likely somewhere new trying out different cuisines and talking to the locals. I'm also probably at the next conference learning about my industry, or reading.

  • 人事部が従業員の信頼を得る5つの方法

    就職面接や退職者面談など、人事部門は企業のスムーズな経営に欠かせない役割を担っている。しかし従業員の中には、人事部の担当者には近寄りがたいと感じる人もいる。経営支援サービス企業ゼンビジネス(ZenBusiness)が1000人を対象に実施したアンケート調査では、以下の結果が得られた。・職場でのハラス ...

  • インポスター症候群と永遠に決別する方法

    仕事をする上で、「インポスター(詐欺師)症候群」に陥っている人は多い。この原因は大抵、自分の能力に関する自信のなさにある。メリアム・ウェブスター辞典はインポスター症候群について、自分が達成した成果に自信が持てず、自分の成功はただの幸運か、まやかしだと感じることと定義している。スピリチュアルアドバイザ ...

  • 昇進を見送られた場合にすべき4つのこと

    米家具家電レンタル企業レントAセンター(Rent-A-Center)初の女性役員の一人であるキャシー・スクラ執行副社長は、同社での25年間で何度も昇進を逃したが、それでも決して諦めなかった。スクラは、レントAセンターの在庫補充係としてキャリアをスタートさせ、昇進を重ねた。自身の成功の理由として、昇進 ...

  • 今年ネットワーキングを強化する4つの方法

    人脈を広げ、仕事での関係性を広げるのは常に良いことだ。米求人求職サイトのキャリアビルダー(CareerBuilder)の最高人材責任者(CPO)であるミシェル・アーマーは、ネットワーキング(人脈作り)と人を引き合わせることの効果を強く信じている。アーマーは「ネットワーキングは、あらゆるレベルの求職者 ...

  • キャリアコーチの活用を考えている人へ 最初にできる3つのこと

    中小企業の法人化を支援するゼンビジネス(ZenBusiness)は、キャリアコーチを活用するメリットを明らかにすべく約1000人の従業員を対象として調査を行った。従業員が仕事でどこから支援を得ているかを調べたところ、興味深い結果が出た。キャリアコーチを使ったことがある従業員が報告した給与中央値は約5 ...

  • 同僚とSNSでつながるべき? 友達申請を承認する前にすべきこと

    交流サイト(SNS)上で同僚から友達申請を受けるのは珍しいことではない。クリエイティブ業界では特にそうだ。SNSは、一緒に働く人の近況を知る方法として一般的になりつつある。今の時代、あなたがインスタグラムに投稿するストーリーを上司が見ていて、「いいね」をつける事もあり得る。SNSは仕事とプライベート ...

  • 仕事用のチャットツールをうまく使う4つのコツ

    技術は、現代の企業の働き方を破壊してきた。メッセージ交換ツールの出現はその一例でしかない。こうしたツールは、チーム間のコミュニケーション促進のため活用されているが、適切に使われない場合には気が散る要因となりかねない。職場で優れた習慣を実践することが生産性の鍵だが、職場でのメッセージングツールの利用の ...

  • 時に必要な「メンタルヘルス休暇」 躊躇せず申請を

    企業各社は、従業員にフレキシブルな働き方を許したり、特別休暇を付与したりするなどして、従業員のメンタルヘルス改善を支援している。現実問題として、心の健康は体の健康と同様に重要であり、生産性にも大きく影響する。メンタルヘルスの問題は昔からスティグマが伴っていたが、今や職場での問題として注目されるように ...

  • 職場での「午後のスランプ」 簡単に克服できる3つの方法

    あなたも恐らく、職場で午後に突然、活力を失ってしまうことを経験したことはあるだろう。これは「午後のスランプ」と呼ばれ、給与・人事管理サービス企業ペイチェックス(Paychex)の調査によると米従業員の81%が経験している。同社は従業員1000人を対象に、午後の疲労感の有無や仕事の生産性について調査を ...

  • 職場での不安に対処する3つのコツ

    重要なプレゼンテーションや人事評価が近づいていたり、上司が突然、個別ミーティングを設定してきたりしたときには、手汗をかいたり手が震えたり、動悸(どうき)がしたりといった不安症の症状が起きることがある。人は誰もが職場である程度のストレスを受けており、これはポジティブな経験にもネガティブな経験にもなり得 ...

  • 育児と仕事の罪悪感を克服する方法

    チャットブックスの共同創業者バネッサ・クイグリーは、7児の母親としてたびたび親としての罪悪感を経験してきた。同社を立ち上げようと思ったもの、強烈な罪悪感を生んだある出来事がきっかけだった。クイグリーの末息子はある日、自分にはきょうだいとは違って写真アルバムがないことを悲しみ、自分の部屋で泣いていた。 ...

  • 出張を最大限に活用する「ブレジャー」のすすめ

    仕事で出張する機会のある人なら、出張(ビジネス)と旅行(レジャー)を組み合わせた「ブレジャー」には賛同できるだろう。出張管理サービスを提供する企業ネクストラベル(NexTravel)を創業したウェンウェン・ラム最高経営責任者(CEO)は「出張は燃え尽きを防ぎ、生産性を向上させ、長期的な従業員の定着率 ...

  • 新入社員でも自分のアイデアを聞いてもらう方法

    進歩的な雇用主は、優れたアイデアがどの社員から出てくるか分からないことを知っており、従業員からのインプットを求めるものだ。だが会社が自分の意見を知りたがっていると分かっていても、それを口にするのは簡単ではない。自分が経験のない新入社員で、一度の失敗も許されないように感じる場合はなおさらだ。会計ソフト ...

  • 上司ではなく教授のように 新たなリーダーシップの3つのコツ

    シカゴを拠点とする建築会社シーハン・ネーグル・ハートレー・アーキテクツ(Sheeran Nagle Hartray Architects、SNHA)の7人のプリンシパルの1人、ニール・シーハンは2004年、小さな建築会社であるシーハン・パートナーズ(Sheehan Partners)を設立した。彼は ...

  • 仕事関係の悪夢を見てしまったら... 再発を防ぐためにできること

    仕事のストレスは時に、夢にまで影響し、睡眠不足と不安増大につながることがある。仕事関係の悪夢にうなされた経験があるのは、何もあなただけではない。睡眠をめぐる調査を行うヘルシー・スリープ(Healthy Sleep)は最近、社会人1000人を対象にアンケートを実施し、仕事絡みの夢とその要因となった事柄 ...

  • バランスではなく「ワークライフブレンド」を目指すべき理由

    サイドハッスル(副業)と柔軟な働き方が広がる現代では、仕事とプライベートの境界線が曖昧になっている。これにより、ワークライフバランスの概念はさらに達成しづらいものに思える。実は、人々が在宅勤務や複数の副業プロジェクトを始めるはるか昔から、ワークライフバランスは達成が難しいものだった。ワークライフバラ ...

  • 仕事で注目され、昇進する3つの方法

    仕事で成功を収めるには、出勤して自分に期待されていることをこなすだけでは十分ではない。積極的にさまざまなことに参加し、他人の気持ちをよく理解する人になり、問題解決を行い、自分にはより多くの業務がこなせることを上司に示すことが必要だ。こうした態度を示すことで、昇給や昇進、同僚からの尊敬や称賛を得ること ...

  • 従業員の問題解決を支援する上司になる4つのステップ

    良い上司を持つことは、仕事の成功と満足感を得るため必要なことだ。実際、大多数の労働者は、内定を受ける際には報告先の上司に好意が持てるかどうかが欠かせない要素だと述べているし、3分の2の人は、新しく上司になる人を尊敬できると思えない場合は内定を断るとさえ答えている。動画講習を提供するリンクトイン・ラー ...

  • 社内恋愛はしてもOK? 考慮すべき4つのポイント

    毎週多くの時間を一緒に過ごす同僚とは、恋愛関係に発展することも珍しくない。同僚と恋に落ちることは自然なことに思えるかもしれないが、仕事の世界では交際関係を持つ前に慎重になる必要がある。人事管理を通じた職場改革サービスを提供する企業ハイボブ(Hibob)の人事担当者で最高顧客責任者のダナ・ゴレンは「私 ...

  • 最高のインターン体験を提供する3つのコツ

    優秀なインターンはそのまま正規採用されることが多いが、インターンシップを成功させるにはマネジャーと従業員双方の姿勢が重要だ。広告会社フィンガーペイント(Fingerpaint)で慈善事業責任者を務めるボー・ゴリバーと、その元インターンのエリーズいわく、インターンシップが素晴らしいものになるかどうかは ...