Contributor

Shelcy V. Joseph

I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.

I am what you could call a multipotentialite—someone with different passions and interests. I like to stretch my abilities and dabble in many different things, but at the core of everything I do is a desire to motivate and connect with people. I am the founder of millennial career website A Millennial's Guide to Life and event series NYCxClothes & Friends. I love telling stories that move and inspire people to explore their full potential and live their best life. When I'm not typing away behind a computer screen or hosting gatherings, I'm most likely somewhere new trying out different cuisines and talking to the locals. I'm also probably at the next conference learning about my industry, or reading.

  • 育児と仕事の罪悪感を克服する方法

    チャットブックスの共同創業者バネッサ・クイグリーは、7児の母親としてたびたび親としての罪悪感を経験してきた。同社を立ち上げようと思ったもの、強烈な罪悪感を生んだある出来事がきっかけだった。クイグリーの末息子はある日、自分にはきょうだいとは違って写真アルバムがないことを悲しみ、自分の部屋で泣いていた。 ...

  • 出張を最大限に活用する「ブレジャー」のすすめ

    仕事で出張する機会のある人なら、出張(ビジネス)と旅行(レジャー)を組み合わせた「ブレジャー」には賛同できるだろう。出張管理サービスを提供する企業ネクストラベル(NexTravel)を創業したウェンウェン・ラム最高経営責任者(CEO)は「出張は燃え尽きを防ぎ、生産性を向上させ、長期的な従業員の定着率 ...

  • 新入社員でも自分のアイデアを聞いてもらう方法

    進歩的な雇用主は、優れたアイデアがどの社員から出てくるか分からないことを知っており、従業員からのインプットを求めるものだ。だが会社が自分の意見を知りたがっていると分かっていても、それを口にするのは簡単ではない。自分が経験のない新入社員で、一度の失敗も許されないように感じる場合はなおさらだ。会計ソフト ...

  • 上司ではなく教授のように 新たなリーダーシップの3つのコツ

    シカゴを拠点とする建築会社シーハン・ネーグル・ハートレー・アーキテクツ(Sheeran Nagle Hartray Architects、SNHA)の7人のプリンシパルの1人、ニール・シーハンは2004年、小さな建築会社であるシーハン・パートナーズ(Sheehan Partners)を設立した。彼は ...

  • 仕事関係の悪夢を見てしまったら... 再発を防ぐためにできること

    仕事のストレスは時に、夢にまで影響し、睡眠不足と不安増大につながることがある。仕事関係の悪夢にうなされた経験があるのは、何もあなただけではない。睡眠をめぐる調査を行うヘルシー・スリープ(Healthy Sleep)は最近、社会人1000人を対象にアンケートを実施し、仕事絡みの夢とその要因となった事柄 ...

  • バランスではなく「ワークライフブレンド」を目指すべき理由

    サイドハッスル(副業)と柔軟な働き方が広がる現代では、仕事とプライベートの境界線が曖昧になっている。これにより、ワークライフバランスの概念はさらに達成しづらいものに思える。実は、人々が在宅勤務や複数の副業プロジェクトを始めるはるか昔から、ワークライフバランスは達成が難しいものだった。ワークライフバラ ...

  • 仕事で注目され、昇進する3つの方法

    仕事で成功を収めるには、出勤して自分に期待されていることをこなすだけでは十分ではない。積極的にさまざまなことに参加し、他人の気持ちをよく理解する人になり、問題解決を行い、自分にはより多くの業務がこなせることを上司に示すことが必要だ。こうした態度を示すことで、昇給や昇進、同僚からの尊敬や称賛を得ること ...

  • 従業員の問題解決を支援する上司になる4つのステップ

    良い上司を持つことは、仕事の成功と満足感を得るため必要なことだ。実際、大多数の労働者は、内定を受ける際には報告先の上司に好意が持てるかどうかが欠かせない要素だと述べているし、3分の2の人は、新しく上司になる人を尊敬できると思えない場合は内定を断るとさえ答えている。動画講習を提供するリンクトイン・ラー ...

  • 社内恋愛はしてもOK? 考慮すべき4つのポイント

    毎週多くの時間を一緒に過ごす同僚とは、恋愛関係に発展することも珍しくない。同僚と恋に落ちることは自然なことに思えるかもしれないが、仕事の世界では交際関係を持つ前に慎重になる必要がある。人事管理を通じた職場改革サービスを提供する企業ハイボブ(Hibob)の人事担当者で最高顧客責任者のダナ・ゴレンは「私 ...

  • 最高のインターン体験を提供する3つのコツ

    優秀なインターンはそのまま正規採用されることが多いが、インターンシップを成功させるにはマネジャーと従業員双方の姿勢が重要だ。広告会社フィンガーペイント(Fingerpaint)で慈善事業責任者を務めるボー・ゴリバーと、その元インターンのエリーズいわく、インターンシップが素晴らしいものになるかどうかは ...

  • 日々の仕事を楽しくする3つの簡単な方法

    うまくいっていることよりも、うまくいっていないことの方を気にしてしまうのが人というもの。しかし意外にも、いらだたしい時でもポジティブなことに注意を向け、感謝の気持ちを持ち、自分と向き合うことで、必要な答えが見つかるかもしれない。行動心理学者のステファニー・パームリー博士いわく、「感謝の気持ちを持つこ ...

  • 遠隔勤務でも職場との一体感を保つ3つの方法

    現代の労働者は仕事での柔軟なスケジュールを重視しており、遠隔勤務のトレンドは勢いを増している。リモートワークは本人のワークライフバランス改善に役立つ一方で、仕事でのつながりや整然さを保つ上で問題となることもある。グループチャットソフト「Microsoft Teams」のプロダクトマーケティングマネジ ...

  • 大学の学位はいまだに役立つ? 現代の競争に勝つ4つの方法

    大卒者の大部分が仕事で学位を活かしているかと聞かれたら、私の答えは「ノー」だろう。これはおそらく、私が求人市場で競うために身に付けた多くのスキルが教科書ではなく、課外活動(人脈作りや学校のキャリアセンター訪問、人と話すこと)により培われたものだからだ。履歴書とカバーレターの書き方や面接のスキル、仕事 ...

  • 人材採用担当者の目を引く履歴書・職務経歴書 作成の4つのコツ

    人材採用担当者は1つの職務に対し、実は平均で250の応募を受けることをご存知だろうか? 競争が激しい求人市場で、他の候補者に差をつけることへのプレッシャーは今までになく高まっている。これには恐怖を感じるかもしれない。しかし求職者にとっては、採用までこぎ着けるような優れた職務経歴書を作成する絶好の機会 ...

  • 上司に良い印象を残して仕事を辞める4つのコツ

    あなたは仕事を辞めることに決めた。そしたら今度は、そのことを発表しなければならない。退職の理由が何であるにせよ後に引き返せない状況になることは避けたいはずなので、穏やかに去るのが得策だ。辞意を伝える際の行動は、退職面談時の振る舞いと同じくらい重要になる。従業員が辞めるときの振る舞いは、その人物に対す ...

  • 職場でのセルフケア実践方法

    セルフケアというと、泡風呂につかったり、長期休暇をとったり、瞑想(めいそう)をしたりといったことが思い浮かぶかもしれない。仕事から離れ、精神的、感情的、身体的な健康を養う時間を作る必要性についてはよく語られている。だが、仕事でのセルフケアについてはどうだろう? 実は、「学習」は職場での究極のセルフケ ...

  • 遠隔勤務の驚くべきメリット 上司にうまく説明するには

    従業員に遠隔勤務の選択肢を与える企業は増えており、リモートワークはトレンド化しつつある。米労働統計局によると、米国の労働者の約23%が現在、部分的なものも含め遠隔勤務を行っているという。興味深いことに、アルティメット・ソフトウエア(Ultimate Software)社が最近実施したアンケート調査に ...

  • 毎週日曜日に訪れる不安 払拭する方法は

    新たな週を目前にして恐怖や不安の感覚に襲われることは、多くの人が経験していることだろう。その原因が仕事上の問題であれ、これから迎える1週間に対する展望であれ、日曜日に訪れる不安はよくある現象だ。企業勤めから起業家へと転身したメーガン・ダラカミナは、日曜日の憂鬱(ゆううつ)を嫌というほど経験してきた。 ...

  • 従業員のやる気と生産性を維持する3つの方法

    給料が高いだけでは、人材を引きつけ維持するのに十分ではないようだ。競争が激しい現代の求人市場では、企業は従業員のやる気や幸福感、生産性を保つ仕事環境を作り維持するため、期待をはるかに上回る対応をしなければならない。従業員と管理職のコミュニケーションを支援し、より効果的な協働を促す革新的なプラットフォ ...

  • キャリアを成功させる5つの原則

    ミレニアル世代に、親がキャリアにおいて犯した大きな失敗は何かを尋ねたら、ワークライフバランスが取れていなかったことだと回答する人が最も多いだろう。メディカル・アラート・バイヤーズ・ガイド(Medical Alert Buyer’s Guide)が先日行なった調査では、ミレニアル世代の成功 ...