Close RECOMMEND

I write about travel, culture, food & drink in France and the UK.

Getty Images

別荘を所有することなど、夢のまた夢だという人もいる。ビーチ沿いや田舎町、あるいは山中などにある家を、投資も兼ねて買うことは長い間、一般人には手が届かないことだった。

しかし、2社のスタートアップが、それを変えようとしている。仏紙フィガロによれば、そのビジネスモデルは皆にとってウィンウィンとなるもので、その仕組みは比較的簡単だ。

利用者はウェブサイトで宣伝されている家の中から別荘として使いたい家を選び、その3分の1や8分の1といった割合を購入する。購入者は他の共同所有者と建物の費用を割り勘し、所有率に合った日数をその家で過ごすことができる。割り当てられる日数は、慎重に設計されたアルゴリズムにより公平に計算される。

先日200万ユーロ(約2億6000万円)を調達したスタートアップ、アルタカサ(Altacasa)は、利用者が不動産の使用権だけを得るタイムシェアとは異なり、このモデルでは物件自体を所有できると説明。毎年宿泊できる日が固定しているわけではないため柔軟性が高く、購入できる物件は大きなアパートではなく戸建ての住宅である点でも違いがあるとしている。

175万ユーロ(約2億3000万円)を調達したもう一つのスタートアップ、プレロ(Prello)も同じモデルを採用し、不動産物件の所有権を最大8つに分割して販売している。共同所有者にはそれぞれ、年間44泊分の宿泊権が与えられる。これは、フランスでの別荘の平均使用日数だ。

プレロはフランス各地に、アルタカサはスペインの本土とバレアレス諸島に共同所有できる物件を用意している。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ