I study technology disruption in individuals, companies and societies.

Getty Images

ツイッターは先日、他のユーザーによる投稿で行われた自分へのメンションを削除できる機能を発表した。これにより、他のユーザーが自分のタイムラインに特定のトピックを差し込んで注目を集めるようとする迷惑なメンションを排除できる。

問題なのは、あるユーザーに何かを伝えようとしたり、その人が興味を持つトピックにコメントしたり、会話をスタートさせたりするためのメンションではない。これらは全て正しい使い方だ。想定されているのは、ツイッター上で横行している悪質なスパムツールとしてのメンションだ。

ツイートの最後にフォロワー数の多いアカウントをメンション形式で羅列する行為は、残念ながらまん延している。有名アカウントの人気の高さとフォロワー数の多さを利用して、特定のトピックを作為的に拡散させる行為だ。

ツイッターは以前から、メンションを利用したスパム行為を含むツイートを通報する機能を提供してきたが、これによってできることは、問題のツイートを自分のタイムラインから削除することに限られていた。

新機能により、ユーザーは自分のタイムライン管理がしやすくなり、さらに自分が興味を持つ運動やトピックに対しては、第三者に「強制」されることなく自らの意志で関連付けができる。自分のアカウントの乱用を繰り返すユーザーをブロックすることもできるが、そこまではしたくないという場合も多いだろう。

他人の人気に便乗しないというのは交流サイト(SNS)の基本的なルールだが、これを無視したツイートは多く、それがバイラル化すると、メンションされた人は自分が全く興味のないツイートを一日中受け取ることになる。フォロワー数の多いユーザーの多くは、メンションの乱用は仕方がないことであり、有名税だと割り切っている。しかし一般ユーザーにとって、これは迷惑な行為だった。

ツイッターはしばらく前から新たな機能を次々に導入しており、その多くは自社やユーザーの収益性を高めたり(スーパーフォロー、チップ、ツイッター・ブルーがそうした機能に当たる)、ユーザーの管理性を高めたりするものだ。これらは全てツイッターによる積極的なアプローチを反映しており、歓迎されるべきだ。

編集=遠藤宗生

twitter

PICK UP

あなたにおすすめ