.

Yuriko Nakao/Getty Images

ビットコインの価格はここ1週間で下落したが、投資家がビットコインの代替品であるアルトコインの活況から巨額のリターンをあげる中で、暗号資産市場は依然として最高値を更新している。

市場の44%を占めるビットコインの価格がここ1週間で1%近く下落したにも関わらず、暗号資産市場全体の時価総額は、5月10日の午前0時前に2兆5000億ドル(約272兆円)を超え、過去1週間で2000億ドル以上の増加となった。

時価総額を最も伸ばしたのは、世界第2位の暗号通貨であるイーサで、先週の月曜日から約32%上昇し、時価総額の伸びは約1150億ドルに達している。

JPモルガンは5月7日、イーサリアムの目覚ましい上昇は、機関投資家や一般トレーダーの関心が高まっているためだと述べ、その背景にカナダで世界初のイーサリアムETFが承認されたことや、ここ最近ブームのNFTにイーサリアムが使用されていること、欧州連合の融資部門がイーサリアムのブロックチェーン上で初のデジタル債(1億2000万ドル)を発行したことなどを挙げた。

価格上昇のパーセンテージで見ると、世界10大暗号通貨の中で最も上昇したのは、ビットコインキャッシュ(BCH)だった。2017年に登場したBCHは、ビットコインからスピンオフしたコインで、取引手数料がビットコインよりも安い点がメリットとされている。BCHの価格は先週、41%という驚異的な上昇を見せ、時価総額は260億ドルに達し、9番目に価値の高いトークンとなった。

さらに、2011年に開発された古いトークンであるライトコインも先週38%近く高騰し、2017年のバブルのピークを超える史上最高値の400ドル以上に達した。

その他の大幅な上昇を記録している他の上位トークンとしては、比較的新しいカルダノのADAコインや、イーロン・マスクが盛んに宣伝することで知られるドージコインなどが挙げられる。

世界の10大暗号通貨のうち、イーサを含む5つの暗号通貨が先週、最高値を記録した。過去1年間で、暗号資産の価値は約920%もの急上昇となっている。

今後の動向として懸念されるのは規制の行方だ。4月に米証券取引委員会(SEC)の新委員長に就任したゲーリー・ゲンスラーは5月7日のCNBCの取材に対し、「何かが証券である限り、SECはそれに対して多くの権限を持っている」と述べ、暗号資産取引所に対する規制を進めていく姿勢を明確にした。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ