Close RECOMMEND

I write about career and leadership development and negotiating.

WAYHOME studio / Shutterstock.com

年末は休みが近づきうれしい時期であるとともに、終えなければいけないことが多く、ストレスを感じる時期でもある。それに天気の問題を加えると、なおさら状況は複雑だ。では、どうすれば全ての仕事をよりうまく管理しつつ健全な精神状態を守れるのだろう?

ここでは、年末のストレスをうまく管理する6つのコツを紹介する。

1. 現状を確認

まずは、自分がまさに想像している通りに全ての仕事を終えることはできないことを認識し、「それでもよい」と自分に言い聞かせること。私たちは、年末にできることに関して非常に高い期待を抱きがちなので、目標をもう少し現実的なものにする必要があるだろう。

ただしやる気を抑える必要はなく、現実を確認するだけでよい。どれほどの時間が残されているかと、実際に何ができるかを確認する。目標を再調整し、より現実的なものにしよう。

2. 他者の期待値を変える

自分自身の期待値を変えることに加え、同僚や監督者と話し、年末までに達成すべきことに関する相手の期待値を変えられないか尋ねてみよう。相手もあなたと同じくらい大きなストレスを感じている可能性が高い。この時期に、本当にそれほど会議が必要だろうか? 一部のプロジェクトの時間枠を延長することは可能だろうか? たとえいくつかしか変えられなかったとしても、あなたのストレスや、あるいは相手のストレスさえ減らす上で大きな効果を発揮することがある。

3. やるべきことを細かく分ける

大きなストレス要因の一つは、仕事でのプロジェクトを終えることや事前に全てのプレゼントを用意すること、年末年始に自宅を訪問する人のために家全体を掃除することなど、達成しなければならないことの大きさだ。時には、長々としたやることリストを見るだけで圧倒されてしまうことがある。

可能であれば、こうした大きなプロジェクトをより小さなものに分けること。わずか30分ほどの空き時間しかない場合、大きなプロジェクトを完了できないと思ってしまう。これは正しいことだが、プロジェクトを小さな部分に分けることができればこうした短い時間で小さな部分を一部完了できるかもしれない。それにより達成感を感じることができ、圧倒された感じがなくなるはずだ。

4. セルフケアを忘れない

年末の忙しい時期には全ての仕事を終えるため、あらゆるプロジェクトや他者を優先してしまいがちだ。それでも、運動や十分な睡眠、心の健康を保つための何らかの活動(マインドフルネス、瞑想/めいそう、祈りなど)を行う時間を作ること。年末には、おそらく他の時期よりも体や心、感情、精神の健康を保つことが必要だ。毎日何か楽しいことをするようにすれば、喜びがもたらされるはずだ。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい