Close RECOMMEND

I write about technology and science

Getty Images

グーグルは既にユーチューブやChromeにシークレットモードを導入済みだが、同様な機能(Incognito mode)をグーグルマップにも導入した。グーグルマップのシークレットモードにはメリットもあるが、利用にあたってはこの機能を正しく理解しておく必要がある。シークレットモードをオンにしても、自分のロケーション履歴を完全に消せる訳ではないのだ。

グーグルは10月2日、以前からテストを進めてきたグーグルマップのシークレットモードの、一般公開を開始したとアナウンスした。この機能をスマホで利用する場合は、アプリのプロフィール画像をタップして、「Turn on incognito mode(シークレットモードをオンにする)」をタップすればいい。

この機能の設定はデバイスごとに個別に行う必要があり、一度の操作で利用する全デバイスをオンにすることは出来ない。シークレットモードをオンにすると、地図の検索や閲覧の履歴は保存されず、デバイスのロケーション履歴も残らない状態になる。

さらに、シークレットモードではグーグルマップのレコメンド機能が使えなくなる。位置情報にもとづいたレストランのお勧め情報の表示も無効になる。

ここで重要なのは、シークレットモードをオンにしても、位置情報を他人に知られる可能性をゼロには出来ない点だ。ユーザーのロケーション履歴は、グーグルが運営する“グーグルマップ以外のサービス”では引き続き利用可能な状態になっている。さらに、注意したいのはシークレットモードをオンにしても、デバイスの位置情報にアクセス権限を持つアプリの動作はそのまま続くことだ。不注意にインストールした怪しいアプリが、位置情報を収集し続ける事も十分想定できる。

シークレットモードを利用しても、ロケーション履歴を完全に消すことは出来ない。自分の訪問先を、パートナーに知られることは防げるかもしれないが、警察やデータを不正な目的のために収集しようと企む業者から逃れることは難しい。

ロケーション履歴を完璧に保護したいという人は、VPNなどのツールの利用を検討したほうがいいだろう。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ