閉じる

I write about innovation trends in global hotspots.

Piotr Swat / Shutterstock.com

中国で最も活発な投資活動を行っている米国本拠のベンチャーキャピタルの1社が、「セコイア・キャピタル・チャイナ」だ。同社のパートナーのGlen Sunに、彼のモットーを尋ねたところ「利益を生む投資を行うこと」との答えが返ってきた。

セコイア・チャイナは中国のVC業界に新たなスタンダードをもたらした。同社のチームは中国全土から、最も優れたテック領域のスタートアップを選び出す。セコイア・チャイナは今年IPOを行った14社に出資しているが、一切の株を手放していない。

その一例にあげられるのが、今年上場を果たした「美団点評(Meituan-Dianping)」だ。同社は急激に成長を遂げたが、依然として赤字を出し続けている。フードデリバリーから事業を開始した美団は、レストランの予約サービスや映画のチケット販売、旅行予約サービスなども開始し、3億5700万人の利用者を抱えている。

美団のプラットフォームには中国全土の510万社の企業が参加し、2017年の年間取扱高は525億ドル(約6兆円)に達した。同社のコア事業はフードデリバリーだが、この分野ではアリババ傘下のEle.me(ウーラマ)などの競合との戦いも激化している。

美団は2017年に27億ドルの損失を計上し、香港市場に上場を果たしたものの、株価は下落している。同社の競合の取締役は「美団のビジネスモデルは持続不可能だ」とも述べている。美団にはテンセントも出資し、同社の株式の20%を保有するが、彼らは今後の見通しをどう描いているのかという疑問も浮かぶ。

しかし、美団の株式の12%を保有するセコイア・チャイナは、当分の間、株を放出する気はないという。セコイア・チャイナの取締役のNeil Shenは、「美団への出資は、ここ10年の当社の決定のなかで最も重要なものの一つだ」と語る。

中国のEコマース分野はまだ成長の初期の段階にあり、美団は非常に長い時間をかけて、業界をリードする存在にのぼりつめるとセコイア・チャイナは考えている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい