Close RECOMMEND

PICK UP

I cover the gadgets in your living room, and your pocket.

TonyV3112 / Shutterstock.com

アップルが音声アシスタント「Siri」に声の聞き分け機能を持たせようとしていることが明らかになった。先日公開されたアップルが出願した特許資料によると、Siriが今後、複数の人物を聞き分けて、人によって違った反応を返すようになるかもしれない。

今回の特許は「音声入力処理のためのユーザープロファイリング」と題されている。これは、電子デバイスが音声入力を処理する上で、ユーザー別のプロファイルを作成するものとされる。個人の識別には声紋などの特徴が用いられる。

この特許が公になったのは8月14日のことだが、アップルが提出を行なったのは昨年のことであり、同社は既にもっと先進的なテクノロジーを完成させている可能性もある。資料では、この機能がパーソナライズを意識したものであることが強調されている。

「電子デバイスが生体情報(声紋など)に基づいて、個人を識別する。特定のユーザーを認識した場合、デバイスは個人の好みを理解し、それに沿ったデータのサブセットを用意する。サブセットにはユーザーに対応した単語やデータ、ユーザー自身がデバイスに保存したコンテンツなどが含まれる。また、ユーザーが利用する可能性が高い、アプリケーションに対応したワードが含まれる場合もある」と資料には記載がある。

つまり、Siriが特定の個人を認識した場合、そのユーザー宛てに届いたメッセージを読み上げたり、ユーザーが好むアーティストを記憶しておいて、その楽曲を再生するなどのアクションが可能になる。特許資料にはパーソナライズに関する記述が繰り返し出てくる。

「処理モジュールは特定のアプリケーションに対する過去のインプットや、コンテキストの参照を行なう。例えば、そのユーザーが野球のスコアやニュースに関心を持っているが、バスケットボールやホッケーには関心がないなど」

アップルはユーザーの利用履歴から関心や好みに関するデータのライブラリを創り上げ、より高度なパーソナライズを可能にしようとしていることが伺える。これはあくまでも特許資料であるため、本当にこの機能が実現されるのかどうかは不明だ。

しかし、HomePodやiPhoneがユーザーの名前を判別して、回答を返すようになったとしたら、少々気味が悪いかもしれないが、面白いことになる。「デイブさん、すみません。それは私には出来ません」といった具合にSiriが反応する未来も、すぐそこまで来ているのかもしれない。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい