閉じる

PICK UP

.

fizkes / Shutterstock.com

仕事に就くことは、デートや真剣交際と似ている。在学中に出会い、恋に落ちた人と、そのまま末永く幸せに暮らすこともあるかもしれない。

しかし時には、ぴったりな人と出会ったと思っていても、時が経って熱が冷めてしまうことも。あるいは、憎しみがじわじわと募り、相手のやること全てに腹が立ち始めることもある。

自分と仕事との関係がぎくしゃくし、愛着が薄れて不幸の溝にはまり込もうとしていると心の中で感じ始めた人は、以下を読んでみてほしい。本記事では、あなたと仕事との関係が悪い方へ向かっているかどうかを知る手助けをしたい。判断は手遅れにならないうちにしよう。以下の簡単な質問に、正直に答えてみてほしい。

1. 朝起きるのがどんどんおっくうになってきている?

2. ようやくオフィスへたどり着いた時、そこに楽しめるものがほとんどないことにがっかりする?

3. 健康状態が悪化している? 病気や精神的な理由で休みを取るようになっている?

4. 以前していた仕事やその頃の同僚を懐かしく思う?

5. 他の人が自分の仕事についてキラキラした話をするのを聞くと、うらやましく思う?

6. 上司の声が、まるでスヌーピーのアニメに出てくる先生のように聞こえる?



7. 目的意識や方向性を失っている?

8. 自分は満たされない、愛されていない、感謝されていないと感じる?

9. 自分の能力に疑問を感じ、自分は他のどんな会社からも欲しがられない人材なのではと心配になる?

10. 上司と1対1のミーティングでは萎縮してしまう?

11. 大声で電話したり、音を立ててコーヒーをすすったり、借りた金を返さなかったりといった不快な行動をとる同僚を、窓から放り投げたくなる?

12. 昼間のうちから、夜ごはんは何を食べようかとか、帰宅してからネットフリックスで何を見ようかと考えていることを、自分でも気まずく思う?

13. 時計を眺めながら午後5時までカウントダウンしている?

14. ネットで密かに求人や他の企業の情報をチェックしている時間の方が、仕事をしている時間よりも長い?

15. 朝食やランチの計画を立てている方が、実際の仕事よりも楽しい?

16. 輪ゴムやクリップで巨大なボールやネックレスを作ったことがある?

17. ばれてもかまわないと開き直り、ポッドキャストを聴いたり、アマゾンでショッピングしたり、ネットフリックス視聴に没頭したりしたことがある?

18. コーヒーの買い出しを志願して、1時間半後にオフィスへ戻ることがある?

19. デスクで涙を流すものの、すぐにそれを隠して、笑い泣きを装うことがある?

20. 上記の質問のすべてにうなずいている自分がいる?

これらのうちいくつか、または大半、あるいは全ての質問に当てはまる人は、今の仕事を辞める時期だ。世の中には、あなたを喜んで迎え、愛してくれる仕事がたくさんある。

編集=遠藤宗生

あなたにおすすめ

合わせて読みたい