Close

PICK UP

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

ボルボ XC40

競争がどんどん激しくなるコンパクトSUVの世界に、ボルボがXC40を送り込んできた。ライバルの名を見れば、SUV市場の激しさをつくづく感じる。このセグメントには、メルセデスGLA、BMW X1、アウディQ3、レンジローバー・イヴォーク、ジャガーEペース、レクサスNX、インフィニティQX30などが過激なバトルを展開している。しかし、今年3月のジュネーブではXC40が存在感と可能性を限りなく示した。

ボルボの最も小さなSUVに当たるXC40だが、欧州の最優秀車であるヨーロピアン・カー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得。また、7月半ばに発表されたばかりのXC40は、ユーロNCAP衝突実験で5つ星という最高評価を獲得し、最も安全なクルマの一つとして認められた。

正直なところ、ボルボの高い安全性は当たり前になっている部分もある。それより驚くのはデザインだ。例えば、BMWのSUVをチェックしても、X1、X3とX5の差があまりわからない。確かに、ボルボのXC40、XC60、XC90のヘッドライトやグリルのあたりは一貫性がある。北欧神話に登場する神が持つハンマーをモチーフにした、T字型のLEDヘッドライトはドイツ勢と比べても、最も格好いい分野に入るだろう。

例えば、XC40の高めのヒップラインとスタイリッシュなCピラーを他と比較してみると、さりげない独自性を持っている。また、白黒のツートーンの塗装はかなり効いていると思う。はっきり言って、どのカーメーカーのデザインの進化を見ても、一番褒めるべき車はボルボだ。10年以上前の「道を走るレンガ」だった時代から、ドイツ勢と真っ正面から戦えるカッコ良さに生まれ変わっている。



そして、日本のユーザーにとって、一番気になるポイントはサイズだろう。全長442cm、全幅187cm、全高166cmをもつXC40は、ボルボのSUVの中で最も日本の道路事情に合うサイズだ。やはりスウェーデンの誇り、イケアの家具などもサイズとデザインテーストを日本向けも揃えているが、同様にXC40のサイズやデザインがボルボSUVの中でも一番好かれるかもしれない。スムーズに駐車も可能だ。

文=ピーター・ライオン

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい