Close

PICK UP

科学技術の未来、文化について執筆

Roblox Image | Pizza Delivery

子供たちがレゴブロックのような感覚で自作のゲームを作り、公開できるプラットフォームが「Roblox(ロブロックス)」だ。カリフォルニア州本拠の同社は、3D仮想空間でオリジナルのゲームを開発し、ユーザー同士でシェアできるサービスを提供している。

ゲーム内ではアイテムを販売することも可能で、2017年には3000万ドル(約32億円)が若きゲーム開発者たちに支払われた。

Robloxでゲームを開発した子供たちは、2016年は約100万人だったが、2017年には200万人を超えた。作られたタイトル数は1100万タイトルで、そのうち1500タイトルは100万人以上のユーザーが訪問したという。

ゲームのジャンルは多岐にわたる。人気ゲーム「Jailbreak」では脱獄を試みる囚人役、もしくはそれを阻止する看守役をプレーできる。ピザ屋で働くゲーム「Work At A Pizza Place」もある。広大な世界の中で宝を探すゲームや複雑な障害物レースもある。

Robloxはゲーム内通貨の「Robux」の販売から利益の90%を上げている。どのような形でゲームに通貨を導入するかはユーザー次第で、子供たちはゲーム開発を通じでビジネスの感覚が身につけられる。

「課金ポイントが多すぎるゲームはユーザー数を伸ばせない。トップクリエイターたちはコーディングだけでなく起業家になる方法も学んでいるのだ」とRobloxのCEOのCraig Donatoは語る。

調査企業comScoreのデータでは2017年12月には、月間5000万人以上の子供たちが20回以上Robloxのサイトを訪れていた。1人当たりの訪問回数はユーチューブやネットフリックスよりも多いことになる。

「現在の対応言語は英語のみだが、今後は各国の言語に対応し、ユーザーベースを世界に広げたい。現在約300人の従業員も年内に2倍にする目標だ」とCEOのDonatoは話した。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい