PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

音楽、メディア、エンターテインメントビジネスを担当。

Tidalのイベントでライブするジェイ・Z(Photo by Theo Wargo/Getty Images for TIDAL)

米スプリントによる買収が伝えられたストリーミングのTidalだが、利用者の水増し説がささやかれている。

ラッパーのジェイ・Zは、2015年初めにノルウェーのオスロに本拠を置く音楽配信サービス、Tidalの運営会社を5,600万ドルで買収した。ジェイ・Zは「アーティスト・ファースト」をスローガンに掲げ、ストリーミング業界の変革を目指して同年3月にTidalを再始動させた。

発表の場には、共同オーナーであるビヨンセやカニエ・ウェスト、マドンナ、カルヴィン・ハリス、リアーナ、ジェイソン・アルディーンなどの豪華アーティストらも顔を揃えた。「Tidalは多くの人が求めていたサービスであると同時に、多くの人が脅威に感じるサービスだ。これだけのアーティストが力を合わせれば、ストリーミングビジネスのあり方を変えることができる」とジェイ・Zは当時のインタビューで語っている。

しかし、その後の事業展開は、ジェイ・Zが思い描いたようには進んでいない。Tidalは、ビヨンセやカニエ・ウェスト、プリンスなどの楽曲を独占配信したが、想定したほどユーザー数は増えず、最近になってプリンスの財産管理人から著作権侵害で訴えられている。また、会員数では業界最大手のスポティファイに圧倒的な差をつけられている。

さらには、ノルウェーの経済誌「Dagens Naeringsliv」が1月20日、Tidalによる利用者数の水増し疑惑を報じた。Tidalは、テックメディア「The Verge」に対して、昨年3月時点でのトライアルを含めない利用者数は300万人だと述べていた。しかし、Dagens Naeringslivの調査によって、その翌月の社内資料には利用者数が120万人と記されていることが明らかになった。

フォーブスはTidalにコメントを求めたが、回答を得ることはできなかった。同社は、Dagens Naeringslivの取材に対しても対応を拒んでいたが、その後顧問弁護士が記事の内容を全面的に否定した。「彼らはコミュニケーションを拒み、質問に答えようとしない」と記事を共同執筆したKjetil Saeterは話す。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE