FORBES STAFF

Ashlea Ebeling

I write about how to build, manage and enjoy your family's wealth.

I'm an associate editor at Forbes, reporting on personal finance from my outpost in a Modernist house in New Canaan, Conn. I have a law degree, and I write about how to build, manage and enjoy your family's wealth. Since I joined Forbes in 1997, my favorite stories have been on how people fuel their passions (historic preservation, open space, art, for example) by exploiting the tax code. I also get into the nitty-gritty of retirement account rules, estate planning and strategic charitable giving. My favorite Forbes business trip: to Plano, Ill. to report on the restoration of Ludwig Mies van der Rohe's Farnsworth House, then owned by a British baron. Live well. Follow me on Twitter: http://www.twitter.com/ashleaebeling Send me an email: aebeling@forbes.com

  • 「人生100年時代」に向けた準備、富裕層が不安視する点とは

    銀行口座に少なくとも100万ドル(約1億円)の預金がある人は、老後のお金の心配も少ないと思われているかもしれない。だが、実際には裕福な投資家たちでも、不安はなくならないようだ。スイスの銀行大手UBSが発行する「インベスター・ウォッチ」が先ごろ初めて公開した「The Century Club(ザ・セン ...

  • 我が子への経済的支援が親の負担に、自立に向けた話し合いを

    米金融大手サントラスト・バンク(SunTrust Bank)の新たな調査によれば、ミレニアル世代の4人に1人が親の経済的支援に頼っており、子どもを支援している親の半数近くにとってそれが経済的ストレスになっているという。同銀行の資産管理部門の幹部ブライアン・フォードは、この調査結果は「親たちへの警鐘」 ...

  • 押し寄せる高齢化の波、米国はどう対応する?

    高齢化は、高齢者の問題ではない。世代を問わない問題だ。ベビーブーマー世代が1日当たり1万人のペースで70歳の誕生日を迎えるなか、米国は“老人支配”国になりつつある。老年学の専門家として知られるケン・ダイクウォルド博士は先ごろ、2016年大統領選の候補者たち、そしてメディアと有 ...

  • ゆとりある老後は実現不可能? 米フィデリティが調査

    退職後に向けた蓄えは人並みに準備できているだろうか?アメリカ人の多くがこれについて、「C」判定の状況にあることが分かった。投資会社フィデリティはこのほど、退職後のための準備状況をインターネット上で判定できるサイトを開設した。所得が同じ他の人たちと比べ、自分の準備がどの程度進んでいるかをA~Cの判定で ...

  • iPadの米大学での利用 税優遇で活性化か

    米国の大学生が学業で使用するiPad ProやMacBookの購入に関し、税優遇が得られる制度が承認された。昨年12月18日、オバマ大統領は教育資金形成のための税制優遇制度「529プラン」を正式に承認した。年度末の予算折衝のテーマに挙がったのが家族税額控除。その項目の一つが「529プラン」の改善だ。 ...