Michael Posner

I write about human rights and leadership in a global context.

I am the Jerome Kohlberg professor of ethics and finance at NYU Stern School of Business and director of the Center for Business and Human Rights. I served in the Obama Administration from September 2009 until March 2013, as the assistant secretary of state for democracy, human rights and labor. Prior to that I was the longtime executive director and president of Human Rights First, a U.S.-based human rights advocacy organization. I also was a visiting lecturer at Yale and Columbia law schools. I played a major role in shaping U.S. policy from inside and outside of government on issues ranging from refugee and asylum law and policy, to national security and human rights, to Internet freedom, and most recently on a range of business and human rights issues. I chair the board of the Fair Labor Association, which addresses supply chain labor issues in the apparel, athletic footwear and agriculture sectors.

  • フェイスブック解体でも解決しないソーシャルメディア最大の問題

    フェイスブック共同創業者のクリス・ヒューズは先週、同社が社会にもたらす脅威に関する劇的な見解を表明した。ヒューズは、フェイスブックがいかに大きな影響力を持つようになったかや、同社の独占的地位がもたらす危険について、説得力のある議論を展開している。だがヒューズが提示したフェイスブックの解体という解決策 ...

  • 世界大手7社、LGBTIの人権擁護呼び掛け ダボス会議で画期的宣言

    米国での性的指向や性自認に関連する人権問題は、過去ほとんど類を見ないほど急速で大きな世論の変化と進展を見せてきた。当初の歩みこそ遅かったものの、ここ20年余りの進歩は迅速かつ劇的なものだった。一方、世界での進展は非常に厳しい状況だ。72カ国では特定の性的指向や性自認が犯罪とされ、うち8カ国では死刑が ...

  • GAPがミャンマーでのビジネスを再考すべき理由

    米衣料大手のGAPは4年前、ミャンマーでの衣類生産を開始するという大胆な発表をした。同社の広報担当者は、人権問題における「ベストプラクティス」を同国にも導入すると約束し、生産開始の合意を「ミャンマーにとって歴史的な瞬間」と呼んだ。そして今、同国でギャップが続ける活動は以前よりもはるかに正当化しづらい ...

  • 顔認証技術めぐり過熱する議論 マイクロソフト社長が投じた一石

    マイクロソフトのブラッド・スミス社長兼最高法務責任者(CLO)は先月、自社のブログに投稿したエッセーで、顔認証テクノロジーに絡む人権問題についての重要な問いを投げかけた。新技術の使用が拡大することで必然的に伴う人権問題への対処という面で、マイクロソフト、特にスミスはテクノロジー業界をリードしてきた。 ...