CONTRIBUTOR

Milton Ezrati

I am a Wall Street veteran and write on finance and economics.

I consult on economics and investment strategy and serve as chief economist for the NY-based communications firm, Vested. I am a contributing editor for The National Interest and an affiliate of the Center for the Study of Human Capital and Economic Growth at the University at Buffalo (SUNY). In my long career in finance, I have held positions as portfolio manager, director of research, and chief investment officer. My most recent book, Thirty Tomorrows, takes up the question of how economies can meet the challenge of globalization and aging demographics. I hold an MSS in mathematical economics from Birmingham University in England and a BA in economics from the State University of New York at Buffalo.

  • 好スタートの「マクロノミクス」 仏経済の復活なるか

    フランスで改革が可能だと思う人はほとんどいなかった。それでもエマニュエル・マクロン仏大統領は、前任者の多くが失敗した分野で成功を収めたようだ。マクロンは、長年にわたりフランスの成長と雇用を妨げてきた税制と規制の迷宮から、フランスを解放する取り組みを始めた。もちろん、これは始まりにすぎず、フランス経済 ...

  • 米国の技術力衰退の兆候 貿易統計で明らかに

    米政府が作成する大量の情報の中に、不吉な兆候が見られるときがある。先日公開された一連の貿易統計の中にもこうした兆候が見られ、米国の技術的な優位性が鈍り始めたことが示されている。これはあくまで兆候であり、米国の技術的優勢性の失墜を決定づけるものではないが、一考する価値はある。今回の貿易統計には、見出し ...