事業継承

2024.02.28

生産終了となった町工場の名品を復刻

プレスリリースより

東大阪の町工場で作られていた、建築家の間で根強い人気を誇る照明器具が、事業撤退にともない生産終了となった。これを扱っていた内装建材販売店が、「なんとか存続を」というファンの要望に応え、忠実に復刻して販売することに決めた。高齢化のために消えゆく町工場の名品を少しでも多く「世に残していく術」としての取り組みだ。

内装建材のウェブショップやリノベーションサービスなどを行うTOOLBOX(ツールボックス)は、2011年から笠松電機製作所の照明器具「工業系レセップ」を販売してきた。工場や倉庫などの打ちっぱなしのコンクリートに電気配管むき出しで設置される、飾り気のない実用主義の工業系レセップは、その無骨さが魅力的だとして、建築家や設計士に愛用されてきた。しかし2022年、笠松電機製作所は電気照明器具製造業からの撤退を発表し、工業系レセップの生産が終わってしまった。その唯一無二の味わいが失われると、業界には激震が走ったという。

そこでTOOLBOXは、その復刻に取りかかった。あくまでオリジナルに忠実に、「KASAMATSU」の文字が刻まれたシルバーキャップまで正確に再現。ただ、台座の径は露出ボックスに合うよう微調整し、もともとグレーのみだったところに、ブラックとホワイトを追加した。また、復刻版であることを示すために「toolbox」の刻印も入れた。

高齢化によって、優れた技術を持つ町工場が次々と倒産している。事業の継続が望ましいが、それが叶わないとなれば、復刻という形で製品や技術を第三者が引き継ぐというのもひとつの手だ。toolboxは、「今後も規模を問わず、後世に残すべき優れた名品やつくり手の技術を日本中に届けてまいります」と話している。

商品は、スタンダードタイプと壁や露出ボックスに埋め込むフラットタイプの2種類。色は、グレー、ブラック、ホワイトの3色がある。

商品概要
スタンダード


・工業系レセップ グレー(旧名:ソケット01)
・工業系レセップ ブラック(旧名:ソケットブラック)
・工業系レセップ ホワイト(旧名:ソケットホワイト・カラー調整あり)
各2800円(税込)

フラット

・工業系レセップ フラットグレー(旧名:ソケットフラット)
・工業系レセップ フラットブラック(新商品)
・工業系レセップ フラットホワイト(新商品)
各2800円(税込)

笠松電機製作所の品番は次のとおり。
・#203 電灯座器具(※ボックスなしで販売)
・#208 直付天井灯
・KP-2080 カラーホルダー・直付B
・KP-2081 カラーホルダー・直付B

プレスリリース

文 = 金井哲夫

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事