Close RECOMMEND

I write about photography and related subjects.

tanuha2001 / Shutterstock.com

フェイスブックは2月28日、同社のフェイスブックアプリもしくはデスクトップ経由で、あらゆる画像を3D写真に変換する機能を追加したと発表した。同社はAIベースのテクノロジーで、シングルレンズ仕様のスマホで撮影した写真や、絵画の画像などを立体画像に変換することを可能にした。

フェイスブックは同様な機能を2018年に、iPhoneのポートレート機能を用いて撮影した画像のみに対応する形で導入していた。ただし、対象となるのはデュアルレンズ仕様の最新モデルのiPhoneのみで、アンドロイドには非対応だった。

その1年後には、デスクトップ経由のアップロードであれば、あらゆる画像を3D化することが可能になった。ただし、アップロードする際は事前に手作業で、深度情報を編集し、特別なファイル形式で保存する必要がある。

今回の新機能により、AIを用いた3D化のプロセスの自動化が可能になり、あらゆる画像に対応した。フェイスブックのAIテクノロジーは、数百万枚の3D写真のデータを学習することで、2Dイメージを自動的に3D化することを実現したという。

ただし、現時点ではフェイスブックの3D写真機能は、iPhone 7以降のiPhone、または最近のミッドレンジ以上のアンドロイド端末のみの対応となっている。

3D写真を試してみたいが、対応端末を所有していないユーザーは、デスクトップ経由でマニュアルの調整作業を経て、画像の3D化を行える。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ