.

Tupungato / Shutterstock.com

iPhoneのエアドロップ(AirDrop)機能を悪用し、見知らぬ他人に性的な画像を送りつける行為は「エアドロップ痴漢」と呼ばれている。エアドロップ痴漢は世界各地で増加中だが、新たな調査により、英国のロンドン地下鉄での被害が急増していることが分かった。

英国鉄道警察のデータによると、このような犯罪の発生件数は2018年に34件だったが、2019年には66件に増加していた。しかし、これらは氷山の一角に過ぎない。なぜなら、犯罪者の大半は自身の身分を隠しつつ画像を送信しており、被害者は事件の報告を躊躇する傾向があるからだ。

BBCの取材に応えたある女性は、被害を鉄道警察に報告したが、真剣に対応してもらえなかったと述べていた。「このような事件を調査することは不可能だ」と彼女は警官に告げられたという。

さらに、驚くべきことにイングランドにはこの犯罪を取り締まる法律が存在しないのだ。スコットランドでは2010年に、相手の同意を得ずに卑猥な画像を送りつけることを禁ずる法律が制定された。イングランドでも、同様な法律の導入が検討されたが、まだ実現には至っていない。

英国政府は既存の法律(2003年のSexual Offences Actなど)で、エアドロップ痴漢は取り締まれると考えている。しかし、この法律が適用されるのは、最低2回以上、卑猥な画像が送信された場合のみなのだ。政府は再検討を進めているが、法改正が行われるのは早くても2021年以降になる見通しだ。

ロンドン地下鉄の利用者たちは、iPhoneの設定を確認し、被害を防ぐのが最適な選択といえるだろう。設定メニューから、エアドロップの設定を開き、画像を受け取る相手を「連絡先のみ」にしておこう(デフォルトではこの設定になっている)。「すべての人」を選択した場合、見知らぬ他人からの画像も受け取ってしまうことになる。

エアドロップを全く利用しない人は「受信しない」に設定しておくのがベストだ。

米国では現在、FLASHと呼ばれるセクハラ防止法の導入に向けた動きが進んでいる。年内の制定を目指すこの法律は、エアドロップ痴漢の初犯者に対し500ドルの罰金を科すと定めており、2回目以降の罰金は1000ドルとされている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ