I cover the control of content on the internet.

Rosley Majid / EyeEm / Getty Images

英国では7月15日以降、ポルノサイトを閲覧する場合に利用者が18歳以上であることを証明することが義務づけられる。サイト運営者は、英国からのアクセスに対して、パスポートや運転免許証などのデータを用いて年齢確認を行うことが必須となる。デイバス1台につき約6.5ドルで購入できる「ポルノ・パス」も店頭販売される予定だ。
 
ただし、この制度には批判も高まっている。人権団体のOpen Rights Group (ORG)は、利用者のプライバシーがリスクにさらされると警告している。この制度は、英国の映像審査機関であるBBFC(全英映像等級審査機構)が監督するが、プライバシー保護に関しては明確な基準が定められておらず、管理を怠ったとしても罰則規定がないのだ。
 
「年齢認証に用いるデータは慎重な取り扱いが求められる。現状よりも高い基準でプライバシー保護を行うべきだ」とORG代表のJim Killockは述べた。
 
今回の制度は、そもそも実効性がかなり怪しい。対象となるのは有料のポルノサイトのみで、無料の動画シェアサイトなどは対象外だ。実際のところ、英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ省もこの制度に疑問を呈しており、「成人だけでなく子供たちまでが、より刺激の強い地下サイトに流れるのではないか」と述べている。
 
また、ネットユーザーたちにこの制度はほとんど知られていない。先日のYouGovの調査では、英国のネット利用者の4分の3が新ルールの導入を知らないと答えた。
 
一方で、英国政府はICO (英国個人情報保護監督機関)が作成する新制度により、年齢認証の義務づけをさらに広範囲に拡大しようとしている。政府の審議会では、「キッズ・コード」と呼ばれる制度が話し合われ、年内の導入を目指している。
 
キッズ・コードは、全ての「子供からのアクセスが想定されるサイト」に対し、子供が見るのにふさわしいコンテンツのみを掲載するよう義務づける制度だ。これは、新聞社などのニュースサイトにとって、大きな脅威を及ぼす制度だ。
 
さらに、この制度は新たなプライバシー関連の問題につながると業界団体のTechUKは指摘している。キッズ・コードが導入されれば、サイト運営者はこれまで以上に利用者のプライバシーに関わるデータを収集する必要が出てくる。
 
「これは子供らのプライバシーを危険にさらす制度だ。現状で、多くの子供たちの個人データが政府のIDに紐付けられている」とTechUKは指摘した。
 
ただし、唯一の救いといえるのは、今回のポルノサイトの年齢認証制度が、計画よりもかなり遅れて導入されたことから考えて、キッズ・コードの導入も年内に実施される可能性がかなり低いことだ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい