Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

mavo / Shutterstock.com

面接を成功させるためには、準備が肝心だ。前日の夜の行動が面接に影響する。では、何をすれば良い結果につながるだろう?

1. しっかり眠る

しっかり眠ることは、面接前にできる一番大切なことだ。ちゃんと休息が取れていれば、注意力や集中力が増し、カフェインや甘いものに頼らずとも眠気を覚ますことができる。睡眠不足だとストレスや不安が高まり、いずれも面接の助けにはならない。

もちろん、面接について不安を感じる中で眠りにつくのは難しい。寝付けないなら、瞑想(めいそう)やヨガなどのリラックス法を試してみよう。何をするにせよ、面接のことを考えないようにすること。眠れない理由は大抵、考えすぎにある。

2. 履歴書を見直す

履歴書や経歴書、さらには応募時に回答した質問への答えを見直すこと。自分が示した主要な数値や実績、関連スキルなどをしっかり確認する。複数企業に応募し、それぞれに異なる履歴書を提出している場合は、特に大切な点だ。

提出書類を見直すことで、頭が整理でき、関連する質問にすばやく答えられる。そうすれば、自分の能力にも面接にも自信があることを示せる。履歴書の内容についての質問に対し必死に考えているようだと、面接官はあなたの応募動機にやましい部分があるのではないかと感じ、危険信号として受け取ってしまう。

3. 質問を準備する

質問は面接時に必ずしなければならない重要事項のひとつであり、事前にいくつか質問を考えておくことが大切だ。準備しておけば、面接官に聞かれた時に頭が真っ白にならない。

良い質問の例としては、企業文化、仕事内容、典型的な一日の流れなどがある。募集要項を見直して、はっきりさせたい点がないかチェックしよう。面接中に説明があることも多いが、もしなければ質問する準備ができた状態で臨める。

4. 道順を考える

面接場所までの道順と所要時間を考えよう。車で行くなら、遅延の原因となる交通状況や天気について考慮する。公共交通機関を使うなら、地下鉄やバスが予定通り動いており、工事などによる変更がないか見ておくこと。ビデオ面接なら、どこで受けるかを考えておき、カメラとマイクに問題がないか確認すること。

使う交通手段にかかわらず、少なくとも30分は余裕をみておくこと。早く着けば、近くのカフェや車内でリラックスすればいい。遅れそうになってあわてることほど嫌な事はない(実際に遅刻することは例外だが)。そんな事態を避けるために、必要だと思うよりずっと早く家を出ること。ビデオ面接の場合、15分前には準備しておこう。

5. 何を着ていくか考える

着ていく服を事前に決めておけば、当日の朝に考えるべきことがひとつ減り、もっと大切なことにエネルギーを使える。服にしわや染み、ペットの毛などが付いていないか確かめること。前日の夜に持ち物も準備し、当日はかばんを手に取って出発するだけの状態にしておこう。

前日の夜から面接準備を始めれば、当日は完全に面接に集中し、100%のエネルギーを注げるようになるだろう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい