CONTRIBUTOR

中野 香織

ファッション、メンズスタイル、ラグジュリー

エッセイスト、服飾史家、明治大学国際日本学部特任教授。男女ファッション史から最新モード事情まで。研究・執筆。著書『モードとエロスと資本』(集英社新書)他多数。

  • ラグジュアリービジネスに「アート」と「持続性」が必要な理由

    グッチ、サンローラン、ボッテガ・ヴェネタなど多くのラグジュアリーブランドを擁するケリンググループは、伝統や職人の手技に重きを置きつつも、ミレニアル世代のエモーションに訴える創造性に富んだ世界観を構築することで、支持を得てきた。ピノー会長兼CEOがその思いと今後の展望を語る。パリ、セーブル通り40番地 ...

  • トレードフェアにしてグローバルサロン、「ピッティ」が特別な理由

    「ピッティ」という響きに特別なときめきを感じるメンズファッション関係者は少なくない。ここに行けば、世界における百花繚乱のライフスタイルの最新状況が知的に整理された形で理解できる。各国からバイヤーが来て商談が行われるが、ただのトレードフェアでは終わらない。ジャーナリストやファッショニスタも集結し、ショ ...