CONTRIBUTOR

Lee Igel

Applying behavioral insights to sports business.

My work explores the decision-making that guides how people behave in competitive situations. Using sports as a key for starting people’s minds, I get “underneath the analytics” of strategies, decisions, and policies, so people and organizations better understand why they do the things they do and move an enterprise forward. I joined the faculty at New York University in 2004, and am currently Clinical Associate Professor in the NYU Tisch Institute and Co-Director of NYU Sports & Society. My work at NYU includes serving as liaison to the Mayors Professional Sports Alliance, a task force created by the United States Conference of Mayors to provide information and support on issues related to sports in major league cities. An Associate of the Medical Ethics division at NYU School of Medicine, healthcare has been a major chord in my work. Prior to arriving at NYU, I trained in the sports medicine and player development departments of a Major League Baseball club, and was Program Advisor at La Palestra in New York, where I designed and managed comprehensive healthcare activities for clients including senior executives, prominent entertainers, and elite athletes.

  • レアル・マドリードもeスポーツ参入、架空の選手と正式契約

    レアル・マドリードのファンは、ユヴェントスに移籍したクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋める大物プレーヤーの加入を待ち望んでいるが、レアルが新たに発表した大型契約は「EAスポーツ」のゲーム「FIFA 19」に登場する架空のサッカー選手、アレックス・ハンターの加入だ。しかし、バーチャル世界の存在であるハ ...

  • ロシアW杯、各国代表チームはボイコットすべきか?

    ロシアでは6月14日から、2018FIFAワールドカップ(W杯)が開催される予定だ。大会の主なスポンサーには、アディダスやビザ、コカコーラ、マクドナルドなどが名を連ね、世界各国の大手メディアも多数が現地に向かう。しかし、この大会はボイコットされるべきだ。あるいは開催地を変更するか、中止すべきだ。倫理 ...

  • 法律はいかにして「アスリートの性的虐待」を防げるか

    米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサールは、選手に対して性的虐を行った罪で40〜175年を禁錮で過ごすことになる。なぜ彼はこれほど長い間、性的暴行の罪を隠すことができたのか。そして、どのようにして今後同じような過ちを防ぐことができるのか。被害者たちがナサールの犯罪行為について語る衝撃的な証言 ...

  • 2022年カタールW杯、湾岸諸国との断交はどう影響?

    カタールでは2022年、国際サッカー連盟(FIFA)のワールドカップ(W杯)が開催される予定だ。だが、ペルシャ湾岸諸国による同国への制裁措置が、国際的なスポーツイベントを成功させるためのカタールの能力を脅かす可能性が出てきている。サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、バーレーンなど中 ...