CONTRIBUTOR

Andrew Cave

I interview chief executives about business, life & leadership.

I have been a business journalist for 23 years, including working in London and New York as associate city editor of The Daily Telegraph. Freelance for nine years, I specialize in interviews with chief executives and other major business figures. I am the author of "The Secrets of CEOs" and "Billions to Bust - and Back." What fascinates me is how the heads of the world's biggest businesses lead their companies and deal with the personal and business pressures of being at the top.

  • リチャード・ブランソンが語る「失読症が変えた自分」

    英大富豪のリチャード・ブランソンは50歳のとき、自身が創業した英ヴァージン・グループの取締役の一人から優しく会議室外へと連れ出された。取締役はブランソンに、純利益と総売上高の違いを説明するため、絵を描いてみせた。「彼は既に青く塗った紙を持っていて、青い海の中に魚の入った網を描いた」。ブランソンはイン ...

  • ブレグジットは英自動車産業の終わりとなるのか?

    30年前、ホンダの英国投資はサッチャー首相の産業戦略にとって貴重な光明と受け止められた。10年にわたり造船所や製鋼工場などの工業施設閉鎖が相次いだ後、ホンダや日産自動車、トヨタ自動車による英国での新工場への投資は、英自動車産業に新たな命を吹き込んだのだ。自動車産業は、寛大な優遇措置や、統合が進む欧州 ...

  • アップルがテスラを買収? 2019年の「とんでも予想」

    アップルが2019年、テスラを買収するとすれば、買収額はいくらになるだろう? デンマークの投資銀行サクソバンクがこのほど、その答えを出した。これは、同社が発表した「2019年のとんでもない予想(Outrageous Predictions 2019)」10選の2番目に挙げられたものだ。同社はこれらの ...

  • 時価総額で首位奪還 ジンクス破ったマイクロソフトCEOの功績

    16年前、マイクロソフトが時価総額世界1位という栄冠を失った時、同社がその地位を奪還する可能性はどれほどあっただろうか?もしあったとしても、ほんのわずかだっただろう。時価総額1位の企業が入れ替わるのは一大事であり、一度陥落した企業が再び栄光の座に戻った例はほとんどない。時代は変わり、テクノロジーは進 ...

  • 寝不足は職場の問題行動を誘発 「モラルの低い人」は特に注意

    上司に言わずにこっそり早退した。規定の時間より長く昼休憩を取った。同僚に失礼な態度を取った。昨夜はあまりよく寝られなかった──。これらの出来事は互いに関係しているのだろうか?オランダの研究チームは、関係があると考えている。エラスムス大学ロッテルダム経営大学院の最近の研究により、前日の夜によく眠らない ...