CONTRIBUTOR

Nikki Baird

.

I am a Managing Partner at Retail Systems Research, an industry market intelligence firm specializing in the impact of technology on the extended retail industry. I focus on trends impacting the consumer-retailer relationship, along with their marketing and operational implications. I regularly draw on my experience as a retailer (store operations and supply chain), an ITer (point of sale and back office), a consultant (IT strategy), and a software marketer (for two different retail solutions). I'm not afraid to use my own digital-native children as guinea pigs in this wild world of digital, social, and retail – and happy to share what I learn.

  • 皮肉なアマゾンの「二重価格」設定、消費者はどう捉える?

    販売される商品には、「2つの価格」が設定されている。アマゾンのこうした方針については、消費者がそれを受け入れるかどうかという点に目が向けられているようだが、筆者の考えでは、これは大きな問題ではない。アマゾンの実店舗では、例えば店頭に並んでいる書籍には値札が付けられておらず、買い物客らはその本をスキャ ...

  • ヴィクトリアズ・シークレットはミレニアル世代に見捨てられる?

    人気ランジェリーブランドのヴィクトリアズ・シークレット(VS)は先頃、マーケティング方針の転換を発表した。ブランドの象徴である“カタログ”に注力しすぎず、今後は下着と化粧品、姉妹ブランドのPinkに重点を絞る。それに伴い、従業員200人の解雇も明かした。ちょっとした修正のよう ...

  • 米国の最低賃金引き上げは小売業を変えるか?

    この一年、最低賃金の時給15ドル(約1660円)への引き上げをめぐる議論や圧力が高まっていたが、推進派の努力の一部がようやく現実となった。そこで浮上するのが、これが最低賃金の労働者への依存度が高い小売業界にどのような疑問を及ぼすのかという疑問だ。この問題をめぐっては、2つの議論がある。1つは、賃金上 ...