CONTRIBUTOR

Bill Whalen

I’m a Hoover Institution research fellow specializing in national and California politics — the horse race that is the 2016 election, the health of the two national parties and what’s in store for America in what’s shaping up as one of the more unique elections in the nation’s history. Prior to coming Hoover, I served as chief speechwriter to former California Gov. Pete Wilson. Before that, I covered politics as a journalist in Washington, D.C. I’ve also advised numerous political candidates, a few of whom actually won. I was born inside the beltway, but fate and a lot of lucky breaks delivered me to Northern California and Stanford University.

  • 米歴代大統領44人の評価、トランプは「運の強さ」のみ高評価

    米シエナ大学の世論調査機関、シエナカレッジ・リサーチ・インスティテュートは先ごろ、米国の歴代大統領を20項目で評価した結果に基づくランキングを発表した。総合評価でトップ5に入ったのは、当然とも言えそうな顔ぶれだ。1位から順に、ジョージ・ワシントン、フランクリン・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーン ...

  • 米スタバ前CEOの大統領選出馬は実現するか? 独立系は「不利」

    2020年に行われる米大統領選に独立系の候補として出馬することを「真剣に検討している」と明らかにしたコーヒーチェーン大手スターバックスのハワード・シュルツ前最高経営責任者(CEO)は、「どこまで」いけるだろうか?1848年以降、米国の有権者が共和党にも民主党にも属さない大統領候補を最も強く支持したこ ...

  • 「スウィフト効果」はどの程度に? 米中間選挙の4つの影響要因

    ドナルド・トランプ米大統領にとっての初の“信任投票”が3週間後に迫っている。中間選挙について特に考えてみるべき点はとしては、主に以下の4つが挙げられる。1. スウィフト効果米国の人気歌手テイラー・スウィフトはどの程度、有権者の考えを変えたのだろうか?これまで政治的発言をしたこ ...

  • ヤマ場を超えた米大統領候補者レース、今後の展望は

    米大統領選に向けた民主、共和両党の候補者指名争いは3月15日、「ミニ・スーパーチューズデー」を迎えた。予備選や党員集会が12州で一斉に行われる序盤の最大のヤマ場、「スーパーチューズデー」に続く同日の5州での予備選の結果を受け、両党の候補者レースは今後、どのような展開をみせるのだろうか。共和党:14人 ...