FORBES STAFF

Jennifer Rooney

I am CMO Network editor at Forbes.

I've covered interactive advertising for Advertising Age during the dot-com boom and then marketing for Business 2.0, served as contributing editor at Chief Executive magazine, and was editor-in-chief of Sales & Marketing Management magazine before joining Ad Age again, where I most recently served as editor of CMO Strategy. Now at Forbes as CMO Network editor, I'm thrilled to be overseeing content for that most dynamic, creative and arguably challenged executive in the C-suite, the CMO. Marketing's humanity and psychology is what's most alluring to me. In fact, I plan to devote much time and attention to the people and personalities behind the wins, the campaigns, the agencies, the partnerships, the stunts, the experiments, the screw-ups, the near-misses and the happy accidents that define marketing and advertising in the era of mobility, Facebook, DVRs, Empire Avenue and clouds. So tell me your stories.

  • シェリル・サンドバーグが泣いた「強く輝け」というCM動画

    2015年、シェリル・サンドバーグと彼女の設立したNPO法人のLeanIn.Orgはフランスのカンヌで毎年開催される広告業界の祭典、カンヌライオンズの場で「Glass Lion賞」の設立を宣言した。サンドバーグはこの賞を通じ、広告業界がステレオタイプなジェンダー意識から抜け出し、先進的な広告が世に広 ...

  • フィットネスアプリ買収のアンダーアーマー、アマゾン出身のCMOを起用 新事業の拡大に注力

    契約を結ぶ米競泳男子のマイケル・フェルプスが開催中のリオデジャネイロ五輪で新たに金メダルを獲得、そのフェルプスを起用したCMも高い評価を得ているスポーツアパレル・ブランドのアンダーアーマーが、別のニュースでも注目を集めている。同社は8月11日、4年以上にわたってアマゾンのグローバル・ブランドマーケテ ...

  • ゴルフ場からワイナリーまで、「ドナルド・トランプ」のブランド価値

    本誌は「フォーブス400」を選定するに当たり、個人的なブランドの価値は加算しないという方針を貫いている。そこから生じる価値があるなら、すでに純資産額に織り込まれていると考えるからだ。だが仮に、純資産の中からそれだけを切り離すとしたら、“ドナルド・トランプのブランド”には、どれ ...

  • スーパーボウルCM、注目度トップ20が判明 米コンサルが発表

    米最大級のスポーツイベント「スーパーボウル」。全米が注目するこの試合中継の間に放映されるCMは、毎年大きな話題となる。これらについては今年も、さまざまな評価や分析が行われ、クリエイティブに関する批評や、視聴ランキングが発表されている。実際には、どのCMが最も多くの人に視聴されたのだろうか。マーケティ ...

  • 消費者が選ぶブランド・ランキングでアップルが首位に

    新たにスタートしたブランド・ランキングで、Appleが首位に立った。もっともその理由は思いもかけないことである。ブランド・コンサルティングのProphetは1月11日、『使えるブランド・ランキング(Brand Relevance Index)』を発表した。このブランド・ランキングは、消費者の暮らしの ...

  • 2015年米国で最もシェアされた動画広告 ディズニーほか

    今年最も消費者の心をつかみ、シェアされた動画広告は何だろうか。動画アドテクノロジー企業のUnrulyは、2015年に最も共有された動画広告を発表した。今回のランキングは再生回数ではなく、フェイスブックとユーチューブの動画広告が、ツイッター、フェイスブック、ブログで共有された回数に注目している。「13 ...