Teresa Ghilarducci

I am an economics professor focusing on retirement security and jobs.

I joined The New School in 2008 after 25 years as a professor of economics at the University of Notre Dame. My recent book, co-authored with Blackstone's Tony James and titled, Rescuing Retirement, charts a visionary, bipartisan, and simple path to solving the retirement crisis. I also wrote How to Retire with Enough Money, with Workmen Press. I am a trustee of the $53 billion Medical Health Care Trust for GM, Ford, Chrysler UAW retirees and past trustee of the Indiana Public Employees Retirement System, Commissioner on the Bipartisan Policy Center’s Personal Savings Initiative; member of the Pension Benefit Guaranty Corporation advisory board, serving from 1995- 2002.

  • 米大統領候補、「高齢」は最も嫌われる特性の1つ

    世論調査の結果、2020年の米大統領選への出馬を表明しているジョー・バイデン前副大統領(76)とバーニー・サンダース上院議員(77)、ドナルド・トランプ大統領(72)には悪い知らせがもたらされた。米テレビ局NBCと米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが共同で実施、今年3月に発表した調査結果では、75 ...

  • 男性の「美容関連」支出、リセッション入りの新指標に?

    世界で最も有力な男性の1人はかつて、「絶対にはげてはいけない」と言ったそうだ──。抜け毛対策用品に費やされる金額は、年間およそ40億ドル(約4450億円)。ドナルド・トランプ米大統領とヘアコンディショナーなどの市場はきっと、根本的な真実をよく理解しているのだろう。「はげ頭の男性は実年齢よりも老けて見 ...

  • 高齢者の雇用延長が若手の「昇進を阻害」、米企業4割に問題意識

    米国の雇用主らの発言は、実際の行動とは一致していないようだ。従業員らの定年退職に関する問題は自社の事業にとって重要な問題だとする企業が80%を超える一方、実際に効率的に対応しているという企業は、わずか25%にとどまることが分かった。コンサルティング会社ウイリス・タワーズワトソンが昨年12月に発表した ...