Ellis Talton and Remington Tonar

We write about trends and challenges impacting U.S. infrastructure.

Ellis Talton and Remington Tonar are the Cofounders of StateOf, a platform to help leaders understand the state of infrastructure and their role in shaping its future. Ellis has served as the Director of Development for a telecom provider to the U.S. Department of Homeland Security, and was an energy journalist in the Middle East and Africa. Remington is a consultant and advisor to organizations of all sizes, from Fortune 500s to fast-growing startups. Together, their expertise spans a variety of industries including technology, telecom, aerospace, industrials, infrastructure, healthcare, energy, and higher education.

  • 第2本社計画頓挫のアマゾン 欠けていた「インフラ企業」の自覚

    アマゾン・ドット・コムは先週、ニューヨーク市クイーンズ区ロングアイランドシティーで予定していた第2本社建設計画について、地元政治家の反発を理由に中止を発表した。アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員をはじめとする政治家らは、ニューヨークへアマゾンを誘致するための30億ドル(約3300億円)規模の ...

  • 加速する宇宙商業化 陰で支えるインフラ企業の重要性

    ロケットは巨大で、力強く、ドラマチックだ。高さは数百メートルに上り、数千トンの推進力と時速4万キロ近くのスピードで軌道に乗せられる。空には星々へと繋がる長い飛行機雲が残り、地上の観衆を魅了する。こうした圧巻の技術や、それを支える民間企業の増加は、新たな宇宙開発競争に関する話題を独占している。しかし、 ...

  • 在宅勤務はもう古い? 自動運転車が可能にする「車内勤務」

    2013年、当時ヤフーの最高経営責任者(CEO)だったマリッサ・メイヤーが在宅勤務制度を廃止したことで、既に広がりを見せていた議論に拍車がかかった。遠隔勤務は、企業文化を破壊してしまうのか? または、生産性の妨げとなるのか? あるいは、責任能力を損なうことになるのか? デジタル時代の雇用主たちは、こ ...