OFFICIAL COLUMNIST

小出フィッシャー 美奈

投資マネーから見た世の中

1982年にフジテレビにアナウンサーとして就職。ニュース番組のキャスターなどを務めた後、記者職に転向。MBA留学後、投資業界に転職し、外資系証券会社、ニューヨークのヘッジファンドやボストンの大手投資運用会社で日本株のアナリストやポートフォリオマネジャーを務める。近著に『マネーの代理人たち ウォール街から見た日本株』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

  • 「パニクるな!」 岐路に立つテスラとイーロン・マスク

    革新的なモノやサービスを生み出し、世の中の仕組みまで変えてしまう実業家を「ビジョナリー」経営者と呼ぶ。「ビジョン」とは何かが見えること、視力、あるいは目に見える像のことだ。ビジョナリーという言葉には、凡人にはよく見えない未来を鋭く見通す眼力を備え、その夢に形を与えるために集団を引っ張っていくリーダー ...

  • 強欲資本主義の終わり? ウォール街で広がるESG投資

    仕事というものに葛藤はつきものだ。行き過ぎた資本主義の矛盾があちこちで吹き出し、大資本の欲が社会から批判されることの多いこの時代、大企業や金融機関でそうした資本の「代理人」として働いているサラリーマンには、ジレンマを感じている人は多い思う。何百兆円という巨大な顧客資産を動かすグローバルな投資業界に勤 ...