Official Columnist

長野 慶太

ラスベガス発 U.S.A.スプリット通信

東京都出身。慶應義塾大学卒、米国ウォーデン大学院経営学博士。ラスベガスで対米進出コンサルティングを起業。作家としては「KAMIKAKUSHI 神隠し」で日経小説大賞受賞。近著に日本型カジノの近未来小説「巨象再建」(小学館文庫)など。

  • 職場で「部下をどこに座らせるか」はマネジメントの第一歩

    ラスベガスのあるコンサルティング会社の従業員が、クライアントへの請求を、個人会社からの請求に少しずつすり替え、売上金を横領していたのが発覚した。近々、提訴されることになるが、どうもこの社員、自分の個室のドアをよく閉めていたので、以前から周囲はおかしな気配を感じていたということだ。なにもこのような犯罪 ...

  • 最も高い確率で「投手・大谷選手」を現地観戦する方法

    このゴールデンウィークには、日本からかなり多くのファンが、エンゼルスの大谷翔平選手の試合を観戦するため現地の球場に駆けつけた。本拠地であるアナハイムのエンゼル・スタジアムはもちろんのこと、とくにイチロー選手との対決が注目されたマリナーズとの試合では、日本からシアトルへの航空便が普段の倍近い搭乗率を記 ...

  • トランプ政権の内部暴露本、発売前から全米ベストセラーに

    全米では、現地時間4月17日の火曜日に刊行される予定の本が、発売前から空前の大ベストセラーとなっていた。アマゾンのランクでもずっとダントツ第1位のままだ。ジェームズ・コミー前FBI長官の回顧録「A Higher Loyalty: Truth, Lies, and Leadership」(「より高き忠 ...

  • 全米が大谷フィーバー! 「カネではない」純粋な野球愛に感動

    3試合連続ホームランや投手で2連勝し、大谷翔平が大リーグの週間MVPを受賞したが、日本人が想像している以上に現地の大リーグファンは大騒ぎをしている。筆者は在米21年になるが、ひとりの日本人がここまでアメリカを揺り動かすことはなかった。実はアメリカ人の大リーグファンにとって、大谷はこれまでの日本人大リ ...