CONTRIBUTOR

Katherine Gustafson

I write on food and farming, from absinthe to aquaculture.

I am a freelance writer taking a broad look at food and farming, from GMOs and farm succession planning to the benefits of family dinner and the unique deliciousness of Cheetos. I am the author of Change Comes to Dinner (St. Martin’s Press, 2012), a hopeful look at the entrepreneurs and innovators changing our food system for the better. Covering exciting developments such as the promotion of diversity in agriculture, the invention of mobile slaughterhouses, and the wizardry of greenhouse technology, the book “shows us the outline of a sane food system," according to Naomi Klein. I have also written on food and ag issues for Change.org, Civil Eats, The Huffington Post, The Chronicle of Higher Education, and Yes! Magazine, among others.

  • 食の未来に欠かせない養殖業、出遅れているアメリカもようやく注目

    魚介類の養殖は目新しいものではない。ハワイの養殖池や古代ローマ時代の牡蠣養殖などの手法は、古くからあるものだ。だが近年急速に拡大している養殖業の多くは、新たな技術や技法を取り入れている。そしてこの養殖業が、「食の未来を支える存在」として世界で注目を集めている。世界的な好景気産業養殖業は世界的に加速し ...

  • クラフトビール版のソムリエ「シサローン」、取得で狙えるキャリアアップ

    クラフトビールの人気は米国でも急速に高まり、醸造所の数は大幅に増加している。今年末時点で、およそ5,000件に達する見通しだ。クラフトビール業界で働くことは、おいしいものに関心がある多くの人たちにとって、明るい将来を見込める選択肢の一つになりつつある。ただ、「ビール業界で働く」とはどのような仕事をす ...

  • スペースXの火星移住計画、具体案示されない「大問題」とは

    米宇宙開発ベンチャー、スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、人の火星への移住を支援するための野心的な計画を発表した。遠くない将来に、移住を実現させたい考えだという。メキシコ西部グアダラハラで9月27日に行われた国際宇宙会議(IAC)でマスクは、この構想について明らかにすると共に、火 ...

  • 「コオロギスナック」 米でじわり浸透 シリコンバレーで流行、大手スーパーにも

    コオロギの粉を原材料とするチャプル社のプロテイン食品「クリケットバー」。同社ウェブサイトにある販売店リストには、健康食品店や上級者向けジムなど、いかにもといった名前が連なっているが、その中に紛れて「パブリックス・スーパーマーケッツ」の名前があったことに驚いた。全米に1,100以上の店舗を展開するパブ ...