I write about career, entrepreneurship and women’s advancement.

shutterstock.com

最近解雇された人であれ、収入が減った人であれ、新型コロナウイルスの流行は多くの人に「一時停止」ボタンを押す機会を与えた。この状況の副産物として、人々は現在のキャリアを見直すこととなったのだ。

自分は今のキャリアを続けたいのかどうかを自問している人もいるだろう。同じ分野に何年もいて、かつてほど充実感が得られないと感じているのかもしれない。そんな時は、新たな道を検討すべきタイミングかもしれない。以下に、大胆なキャリアの転換を図る理由となる5つのことを挙げる。

1. 今のキャリアで挑戦できることがない

あなたは自分のキャリアをただ漫然と歩んでいないか? 以前は新鮮で刺激的だったものが、今では単調な繰り返しになっていないか? 残念ながら、挑戦をしないかぎり、変化は得られない。そして変化がなければ、人として成長はできない。成長して自分を改善するには変化が必要なのだ。退屈してしまっていると感じたら、立ち止まって、大胆なキャリアチェンジを図るべき時だ。

2. 違う仕事を何年も夢見ている

昼休み中に、何か全く違うことをしている自分の姿を空想したことはないだろうか? それは何だったろう? 現実思考のためにその夢を諦めているのであれば、今こそその夢をキャリアの選択肢として見直す絶好の機会だろう。

若き日の自分を振り返ってみよう。「現実的でない」という理由で諦めてしまった夢はないだろうか? その裏にあるのは単なる恐怖心であることもある。自分の夢を追わず、言い訳を作るのは、失敗が怖いと認めるよりも楽だからだ。夢の力を見くびらないこと。夢があれば、朝ベッドから出て、生きていることを実感できる。

3. 健康に害が生じている

あなたは自宅で過ごす時間が長くなった今、自分の健康について考え直せているだろうか? 以前の仕事環境が自分にとってどれほど有害で、消耗するものだったかに、ようやく気付けたのかもしれない。以前は慢性的な疲労感や睡眠不足などの身体的な症状が出ていなかっただろうか? こうした症状は、生活を変えるべきであることを示す体からのサインだ。

理想的な仕事とは、自分をエネルギーで満たしてくれるもの。燃え尽きそうなギリギリのところで仕事を続けているようなら、大胆なキャリアチェンジによって最悪の状態に陥ることを防げるかもしれない。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい