From Editors
- No.075 2020年11月号(2020/9/25発売)

Which Transformation?
AIが選んだ未来の成長企業245

2020年11月号の見どころ

 

今月号は「AIが選んだ未来の成長企業」と題して特集。
コロナショックで多くの企業が未曾有の減収に直面、従来の延長線上を想定したビジネスは限界が見えつつある。この危機を乗り越え持続的な成長を遂げるために、企業には変革が求められている。
では、いかにして変革を成し遂げるか。今回、本誌初の試みとして、AIを用いて今後の大きな成長が見込まれる企業のランキングを作成した。「未来の成長企業」、過去10年間での「事業転換力」、そして「上場3年未満で時価総額が伸びた企業」。上位にランクインした企業たちは、未来の成長領域をどう見極め、どう変革を成し遂げようとしているのか。そのプロセスやメソッドを解き明かす。
カバーストーリーには富士フイルムホールディングス、古森重隆 代表取締役会長兼CEOが登場。コロナ禍で注目の集まる「アビガン」開発の経緯、そして企業経営の真理を語る。

 

古森重隆 富士フイルムホールディングス 代表取締役会長兼CEO

なぜ成長を続けられるのか
企業は「動的平衡」を続ける生命体である



 

「未来の成長企業」TOP100

ハーモニック・ドライブ・システムズ
いまだ崩れぬ牙城 次々と用途を生む魔法の歯車

TIS
先回り提案が生んだ、顧客との新たな関係

COLUMN
未来を切り開く企業の条件
関 洋二郎 xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ) 代表取締役社長



 

「事業転換力」TOP20

大日本印刷
「眠れる技術」を叩き起こせ! 受注産業の華麗なる変身

いまが成功と失敗の「分岐点」 日本は自己組織化モデルを目指せ!
名和高司 一橋大学ビジネススクール 国際企業戦略専攻客員教授



 

「上場3年未満で時価総額が伸びた企業」TOP100

freee
世界中の事例を教科書に、メジャーで「ベストプラクティス」を目指す



 

米国「コロナ対応企業」TOP25

ファイザー
ワクチン開発レースを制するのは誰だ 米製薬最大手が挑む大胆な賭け

COLUMN
企業が向き合う「グレート・リセット」の世界とは
リー・ハウエル 世界経済フォーラム 取締役



WORLD OF FORBES

 

全米で話題の投資アプリ「ロビンフッド」
正義の仮面の裏の“灰色のビジネスモデル”
──米 ロビンフッド

「世界の仇」クレイグリスト創業者が
ジャーナリズムの救世主に?
──米 クレイグリスト

東南アジアで爆発的に需要を拡大する
シンガポール最強ネット企業の「試練」
──シンガポール シー



FORBES FASHION

 

30 UNDER 30の最旬ビジネスファッション



その他おすすめ記事

【CEO'S VOICE】
掘埜一成 サイゼリヤ 代表取締役社長

【Forbes COMMUNITY】
START-UPS
田邊友則 Greenspoon 代表取締役CEO
山田優大 Full Commit Partners 代表パートナー
30 UNDER 30
龍崎翔子 L&G GLOBAL BUSINESS 代表取締役
SMALL GIANTS
浜田 謙 ブロスジャパン 代表取締役
SELF-MADE WOMAN
竹下友里絵 タベモノガタリ 代表取締役社長

【INTERVIEW】
柴崎岳 プロサッカー選手

【社長の生活考察──発想力の源を探る】
川上シュン artless.inc 代表

【CEOがすすめる一冊】
岡本祥治 みらいワークス 代表取締役社長

人気の連載記事

OPINION
伊藤隆敏の格物致知
田坂広志の「深き思索、静かな気づき」
川村雄介の飛耳長目

Forbes Lifestyle
小山薫堂 東京blank物語


Forbes JAPAN 11月号(9月25日発売)は好評発売中!