PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

Bizreach 提供

日本の労働人口は今後減少していくと予測されており、ただでさえ「中途採用では良い人材が採れない」と言われる人材獲得市場は激しさを増すばかり。そんな中、経営者や人事を悩ます現状を打開する手段として、“ダイレクト・リクルーティング”が注目を集めている。

ダイレクト・リクルーティングとは、社員紹介や外部データベースなどあらゆる手段を使って、企業が主体的に採用をするというもの。アメリカをはじめとする海外の先進企業が取り入れている手法で、日本で主流の「守りの採用」に対して、「攻めの採用」と言える。

例えばグーグルは、「全社員が一人ずつ、優秀な人を連れてくればいい」と、採用と他人や転職サイト任せにしないスタンス。さらにそれを実践するために、「どれぐらい採用活動に協力したか」をパフォーマンスレビューや昇進の参考データとして活用し、採用活動を個人の通常業務に組み込んで徹底している。

では、これまでの「守りの採用」から攻めのダイレクト・リクルーティングに軌道修正するに何から始めたらいいのか? 導入したところで、どんな人材が集められるのものなのか? コスト面はどうなのか?

そんな疑問を解消してくれるのが、日本でこの分野をリードする「ビズリーチ」が開催しているセミナーだ。同社は日本で初めてダイレクト・リクルーティング用のプラットホームを開発。多数の企業の採用活動サポートはもちろん、自社においても優秀な人材を獲得し、6年間で従業員を600名以上に増やしたことで有効性を証明している。

セミナーでは、同社代表の南氏やトップヘッドハンターとして活躍してきた取締役の多田氏が、世界の採用市場と「ビズリーチ」の事例を交えてダイレクト・リクルーティングのいろはを紹介。いかに即戦力人材を得るか、採用成功におけるポイントを詳しく解説する。

参加は無料。既存の採用手法に限界を感じているなら、また、効率よく人材を獲得したいなら、ヒントを探しにぜひ会場へ。

〉〉参加申し込みはこちら
※各回限定20名

◇日程
2016年7月21日(木) 17:00〜18:30

◇講師
多田洋祐(ビズリーチ取締役 キャリアカンパニー カンパニー長)

◇開催場所
TKP渋谷カンファレンスセンター
・企業の採用力を上げる「ダイレクト・リクルーティング」とは
・人材獲得競争が起きている社会的背景
・採用成功におけるポイント

〉〉参加申し込みはこちら
※各回限定20名

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE