Forbes JAPAN Virtual Conference
Starting up Digital Transformation

DXを始動し、
企業変革に
エントリーせよ

In partnership with SAP Concur

about

開催日 ※本イベントは2021年11月10日(水)に配信されました。
開催場所 オンラインにて実施(視聴申し込み受付中)

従業員ひとりひとりがDXを自分ごととして始動するには?

昨今、経営やビジネスをデジタル技術で変革するデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進がさまざまな企業で進んでいます。また、テレワーク推進に向けたバックオフィス改革や政府によるデジタル庁の設立など、デジタル技術を活用した変革の取り組みは、私たちの生活のあり方そのものを、急速に変化させています。

こうしたマクロトレンドが進展する一方で、企業の現場では「DXを標榜してみたものの成果が出てこない」「DX部門を立ち上げたが活動は広がらない」「DXが部門内での一過性の取り組みに留まっている」そうした課題に直面している現実もあります。

DXをビジネスに取り込むには、変革者たる経営者自身が、経営アジェンダとしてDXを正しく理解し、未来のビジネスと融合させるビジョンを語ること、そして、社員の働き方や制度設計に配慮し、DXを社内の文化や経営基盤として根付かせる適切なアプローチが必要となります。その上で「従業員ひとりひとりがDXを自分ごととして始動できるか?」という視座に基づく日々のルーティーンや業務プロセスの改革へ着手すること、それこそがDXによる企業変革の出発点となります。

本カンファレンスでは、DX領域の先駆的な実務家・有識者を招聘し、経営とデジタルの関係を実務の観点から紐解き、DXを通じた今後3年~5年スパンでの社会や生活の変化を見通しつつ、経営者がDXに向き合うための具体的なメソッドを考察します。

sesion

GUEST SPEAKER

  • 亀山 満

    亀山 満

    三菱マテリアル株式会社
    最高デジタル責任者

  • 楠木 建

    楠木 建

    一橋ビジネススクール
    教授

  • MC/モデレーター

    政井 マヤ

    政井 マヤ

    フリーアナウンサー

SESSION THEME

Topic 1

なぜ今日本企業にDXが必要なのか?

世界と日本のデジタル環境の比較、そしてデジタルで変革する3年~5年先の未来のビジネスモデルを探ります。

Topic 2

企業DXの最前線に迫る

日本企業におけるDXの課題、そしてDX化推進のため経営者がとるべき社員へのアプローチについて、
DX化を成功させたリーダーに迫ります。

Topic 3

企業DXを’自分ごと’にする方法

企業変革のため、エントリーとして取り組むべきDXについて考察します。

アーカイブ動画の視聴はこちら