Forbes Japan
CREDOR
山山

ブランドイメージを視覚化せよ!
クレドールのロゴマーク誕生秘話から読み解く「ジャパンメイドの矜持」

「クレドール」は、1974年に誕生し、今も成長し続けるセイコーの上位ブランドのひとつ。長年培われてきた高度な技術に日本ならではの美意識を注ぎ込み、エターナルな価値の創出に成功した、誇れる「ジャパンメイド」の時計である。

勝負の鍵はジュエリーウォッチ!
時計大国に挑むクレドールの初志は「日本ならではの美」だった

日本で生まれた上質な時計──その代名詞的存在ともいえるのが「クレドール」。1974年に誕生し、多くの人から愛され続けるセイコーのハイエンドブランドのひとつだ。クレドールというと、華やかなジュエリーウォッチを思い浮かべる人も少なくないことだろう。

名工たちが挑む! セイコーエプソン マイクロアーティスト工房が世界に発信する「超絶技巧の腕時計」

黄金の頂きという名を持つ「クレドール」──それは日本人として世界に誇れるジャパンブランドだ。今回スポットライトをあてたのは、時計製作の超絶技巧と、それに全力を注ぐ名工たちの姿。志操堅固のハイブランドとして確かな地位を築き上げるに至った、その足跡をクローズアップする。

どこまでも薄く、美しく! 熱い想いで連綿と受け継がれてきた「透ける時計」、スケルトンウォッチ

時計を製作するには、大きく分けて設計、製造、組み立てという重要な工程がある。どの部門が疎かになってもいい時計を作ることはできないのである。ここでは、その中でもとりわけ高度な技術を必要とする「スケルトン」について取り上げたい。