PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

リード・ホフマン(左)氏とピーター・ティール氏(右)。
彼らはかつての同僚でもあり、大学時代からの親友でもある。(フォーブスジャパン8月号より)

イェルプにユーチューブ、そしてスペースX。簡易決済サイト「ペイパル」の元社員からは多くの起業家が生まれた。そして彼らを支援したのが、同社のピーター・ティール元CEOとリード・ホフマン元副社長だ。彼らの投資哲学とは?

片や進歩主義者、片や筋金入りのリバタリアン(自由主義者)。政治思想こそ違えども、リード・ホフマンとピーター・ティールは「社内では能力第一主義」、そして、その会社は「世界を制覇する」という点では完全に一致してきた。
 
スタンフォード大学時代からの親友でもある2人は、簡易決済サイト「ペイパル」の幹部として同社を世界有数の企業に育て上げた。当時を振り返っても、「勝つことに貪欲な人間としか仕事がしたくなかった」と声を揃える。
 
彼らはその後、投資家としても成功したが、“逃した魚”も少なくない。ホフマンはツイッターを、ティールはユーチューブを逃したことを今でも悔やんでいる。だが、最大の失敗は「もっと巨額を注ぎ込むべきときに、その決断が下せなかったこと」とティールは明かす。

「スタートアップが成功しそうなときに、投資額を増やさなかったのは大きな誤りだね。本当はそういうときこそ、大きく勝負に出なくちゃいけない」
 起業家時代の貪欲さは今でも健在だ。

文 = 伊佐山 元 構成 = フォーブスジャパン編集部

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE