サービス

2024.02.23 09:45

ロック画面の画像を変更する:ウィンドウズ活用テク

リリースベース(松村)
505

Windowsを起動した時、まず表示される画面はロック画面と呼ばれ、表示される画像はインターネットから自動でダウンロードされたものが利用されている。これは「Windowsスポットライト」と呼ばれ、画像は定期的に切り替わるため、これはこれで気分転換にもなっていいが、自分の好きな画像にしたいという人もいるだろう。

そこで、この画像を切り替える方法を紹介しよう。

まず、[設定]アプリから[個人用設定]を選択。[ロック画面を個人用に設定]で[画像]か[スライドショー]に切り替えることで、自分好みの画像にできる。


[画像]にすると、デスクトップの背景同様、画像を1点指定して変えることができる。

[スライドショー]にすると、フォルダを指定することで、そのフォルダ内にある画像をランダムで順次表示していく。

ただ、スライドショーにしたとき、サインイン画面は[画像]で指定されている画像になるため、そちらも合わせて設定しておくといいかもしれない。

また[サインイン画面にロック画面の背景画像を表示する]をオフにすると、サインイン時は画像が表示されなくなる。


※この記事はWindows 11のバージョン22H2で動作確認しています。

文=飯島範久

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事