マーケティング

2023.03.09 08:50

2023年、米国ライブショッピングの10大トレンド

田中友梨
12930
付録:Coresight ResearchのRESETフレームワークについて
Coresight Researchの小売業における変化のためのフレームワーク「RESET」は、小売企業へ今後の動きを提唱するものです。このフレームワークは、当社のアナリストが2022年以降の小売トレンドと、そのトレンドを生かすための推奨事項を、5つの分野に集約しており、小売企業が変化への対応力を維持するためには、「Responsive(応答性)」「Engage(エンゲージ)」「Socially Responsible(社会的責任)」「Expansive(拡張性)」「Tech-Enabled(テクノロジーの活用)」の5つの要素を備えることの重要性を掲げています。このフレームワークの中心にいるのは消費者であり、消費者中心主義の必要性を強調し、彼らの嗜好、行動、選択への変化に対応する必要があるとしています。

RESETは、当社が特定した十数種類の小売トレンドを集約してより高度なフレームワークとして考案され、小売企業が関連性を維持するために考慮すべき、より具体的な多くのトレンドへの入り口として活用し易いものになっています。そのため、小売企業は、RESETフレームワークを通じて、これらのトレンドを理解することができるでしょう。

RESETの構成要素は、小売業界への適応に取り組むためのテンプレートになります。企業は、機会の特定、企業内能力の振り返り、競合分析、新しいプロセスと対応の実行などを、これらのRESETに集約することができます。

当社の調査は、2023年を通じて小売業における成長要因を特定し、そのための対応プロセスを管理することで小売企業を支援します。RESETフレームワークを構成するトレンドは、当社のリサーチと分析の柱であり、当社のアナリストはこれらのトレンドを詳細に追跡調査していきます。その解説とRESETフレームワークの識別子は、今後の記事でも紹介していく予定です。

付録1. RESETフレームワーク

出典:Coresight Research

文=RxR Innovation Initiative

ForbesBrandVoice

人気記事