Close RECOMMEND

.

GGV Capitalでマネージングパートナーを務めるJixun Foo(Getty Images)

この1年、香港証券取引所では動画アプリ「Kuaishou(快手)」やゲーム大手「NetEase(網易)」など、中国本土のテック企業がIPOやセカンダリー上場を果たすケースが増えている。アジアでトップクラスのベンチャーキャピタルで上海や北京に拠点を置くGGV Capital(紀源資本)は、米中の緊張が高まる中、米国よりも香港で上場する中国企業がさらに増えると予測している。

「香港が果たす役割は今後さらに大きくなるだろう」とGGV Capitalでマネージングパートナーを務めるJixun Fooは話す。Fooは、フォーブスが優れた実績を持つベンチャーキャピタリストを選出する「ミダスリスト(The Midas list)」の2021年版で56位にランクインした。同社からは、他にもHans Tung(3位)、Jenny Lee(33位)、Glenn Solomon(79位)らが選出されている。

現在53歳のFooはヒューレット・パッカード出身で、20年以上前にVC業界に転身した。以来、中国の資本市場は大きな変化を遂げたという。彼は、シンガポールの政府機関である国家科学技術庁の投資担当重役を経て、Draper Fisher Jurvetson ePlanet Venturesに転職し、中国の検索エンジン大手バイドゥ(百度)への投資で成功を収めた後、2006年にGGVに参画した。現在、GGVの運用資産は92億ドル(約1兆円)に達する。

「ベンチャーキャピタリストとして学んだことは、世界は常に変化しているということだ。現在は地政学的な緊張が高まり、投資やエグジットの先行きが不透明になっているが、今後は変化が起きてチャンスが訪れると信じている」と彼は述べた。

Fooは、運輸業界における新たな成功モデルに投資して成功を収め、ミダスリストに選出された。投資先の1つであるEV(電気自動車)メーカーのシャオペン(XPeng)は、昨年米国で上場した。公開価格は15ドルだったが、現在の株価は約44ドルだ。

Fooは、今後デジタルトランスフォーメーションがより広い分野に普及し、運輸業界や他のセクターにチャンスが生まれると考えている。「デジタル化の流れは企業やロボットの分野でも加速するだろう」と彼は話す。

Fooによると、車もロボットに含まれるという。「車もドローンもロボットの1つだ。デジタル化はAI(人工知能)の成長を促進する。我々が目撃しているのは、デジタル化の始まりに過ぎない」とFooは言う。

GGVが出資する「トラック版ウーバー」と呼ばれる満幇(マンバン)も、デジタル化によって生まれた企業の1つだ。同社は、近く米国で上場する予定だ。情報のデジタル化とAIは、リクルーティングのような伝統産業にも変革をもたらしている。GGVの出資先である求人サイト「BOSS直聘(BOSS Zhipin)」の実質的な持ち株会社である「Kanzhun Limited」は、先日ナスダック市場に上場した。同社は、求職者とリクルーターをマッチングするサービスを提供している。

編集=上田裕資

香港証券取引所IPODX

PICK UP

あなたにおすすめ