行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

2021年の色、ゼロホワイトのイメージ

一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA、所在地:東京都千代田区、理事長:太田九州夫)は毎年、「今年の色、来年の色」として、それぞれの年を象徴する色を発表しており、この度今年(2020年)と来年(2021年)の色を発表した。


今年(2020年)の色については、WEBサイトにて一般の方に色を投票していただき、決定しました。来年(2021年)の色は、当協会が選定した色ですが、単に流行する色という意味ではなく、2021年のムードを象徴するさまざまなキーワードを包含した、その年の「テーマカラー」と言えるものです。

「来年(2021年)の色」は、“はじまりの色、希望のホワイト”


<色名> ゼロホワイト Zero White


※マンセル値:N9.5 系統色名:ホワイト



コロナ禍により、社会経済や日常生活などに大きな変化があった2020年。2021年はこの変化を前向きにとらえ、新しいスタートになると考えました。

〈時代の基調〉


2020年、未知のウイルスのパンデミックは、世界が抱えるさまざまな問題を明るみに出すことになりました。大きな問題では、生態系を破壊し続ける資本主義の在り方、ワクチン開発などのバイオテクノロジーをめぐる覇権争い、デジタル技術による監視と自由に関する問題などがあります。新型コロナウイルスのパンデミックは、かねてから動き出していた時代の変化を加速させる大きなきっかけになりました。

日常生活においても変化を余儀なくされています。在宅勤務が増えたことで、空間、時間ともに公私の区別に苦慮しました。デジタル画面での打ち合わせに慣れていく一方で、対面で話し合う価値も実感しました。ウイルスから身を守るために手洗いうがいの頻度が激増し、マスク着用が当たり前になったことも、私たちの身心に少なからぬ影響を与えています。

急すぎる時代の変わり目で痛手を負った多くの人にとって、2020年、2021年はサバイバルな年になります。私たちは地球人として、人として、人生をどう生きるのか。過去に答えを探せない時代、2021年はゼロから考え行動する年になるでしょう。

〈2021年のキーワード〉


「ゼロ」から考える/真実を見抜く「知性」と「清廉潔白さ」/「清潔さ」

日本流行色協会(JAFCA)は、2021年を象徴する色として白を選びました。白は、白紙に戻すなど「はじまり」を示す言葉によく使われます。希望を胸に、ゼロから考えるという意味を込めて、「Zero Whiteゼロホワイト」と名付けました。

白には他に「知性」「潔白」というイメージがあります。2021年は何が本当かを見抜く「知性」が求められます。政治に対しては隠し事のない「清廉潔白」が望まれるでしょう。

そして公共空間、家庭内ではウイルスから身を守る対策は今後も続けていかなくてはなりません。「清潔さ」は商品をデザインする上で大事なキーワードになります。白は「清潔さ」を表現するために欠かすことのできない色になります。

●カラー選定/「今年の色、来年の色選定委員会」(JAFCA + 小森美穂子〈JAFCA専門委員〉)

※マンセル値とは、マンセル・カラーシステムによる色の数値表現。また系統色名とは、色相、トーンなどにより系統的に分類した色名のこと。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ